剛力彩芽、久しぶりの映画出演に心境告白!「すごく有り難いし、緊張してる!」 | RBB TODAY

剛力彩芽、久しぶりの映画出演に心境告白!「すごく有り難いし、緊張してる!」

エンタメ 映画・ドラマ
剛力彩芽【撮影:小宮山あきの】
  • 剛力彩芽【撮影:小宮山あきの】
  • 剛力彩芽【撮影:小宮山あきの】
  • 水野勝【撮影:小宮山あきの】
  • 松下由樹、剛力彩芽、水野勝、橋爪功、高畑淳子【撮影:小宮山あきの】
  • 松下由樹、剛力彩芽、水野勝【撮影:小宮山あきの】
  • 高畑淳子【撮影:小宮山あきの】
  • 松下由樹、剛力彩芽【撮影:小宮山あきの】
  • 剛力彩芽、水野勝【撮影:小宮山あきの】
 剛力彩芽、水野勝、高畑淳子、橋爪功、松下由樹ほかが16日、都内で行われた映画『お終活 熟春!人生、百年時代の過ごし方』製作発表記者会見に登場した。

 生きているうちに人生の整理を行ない、新たな気持ちで残りの人生に臨む「終活」をテーマにした同作は、結婚四十年以上の熟年離婚寸前の夫婦と、その家族の姿を描く(2021年春公開)。

 葬儀社で働く青年・菅野涼太を演じる、主演の水野は「葬儀社さんに足を運んでセミナーを受けたり、実際に講習を受けさせていただいて役作りをしました。ベテランの皆さんの胸をお借りして、真摯に向き合っています」と、作品に臨む感想を語った。

 橋爪と高畑が演じる熟年夫婦の娘・亜矢を演じる剛力は、「久しぶりに映画に出させていただくので緊張しましたが、撮影中は楽しくて、温かいアットホームな作品になっているので、楽しみにしてください」と笑顔でアピール。「熟年離婚寸前の両親ってどんな感じだろうって想像がつかないんですけど、お芝居の中で両親をリアルに感じながら、娘を演じました」と役柄に挑戦した感想を語った。

 同作のテーマにちなみ、「人生整理をすることになったら何を一番にしたい?」との問いに水野は、「(自身が所属する)BOYS AND MENが今年10周年に入りまして、グループとして転換期に入っているので、メンバー個人個人が何ができるのかを考えた時に、僕は演技を頑張っていきたいと思いました。“再出発”という意味で、10周年からはグループと役者業を一生懸命やらせていただきます」と決意のコメント。

 剛力は、最近洋服を整理し「断捨離」したことを明かし、「断捨離プラス、小さい時から大事にしている物が沢山あるので、それを整理しながら自分の人生を振り返って、この時に何があったかというのをメモしたり、家族に聞いてみるのをやってみたいです」とにっこり。「洋服が大好きなので、シーズンごとにすごく増えてしまって……」と話す剛力に、「洋服を買う時は、ネット通販で買っている?」と、昨年破局した前澤友作氏が起業したネット通販会社を彷彿とさせる質問が飛ぶと、「いえいえ、私はお店に行って試着をするのが好きなので、しっかりとお店で試着して選びます」と、笑顔で答える一幕も。

 また、改めて久しぶりの映画出演の心境を聞かれると「お芝居もありがたいことに久しぶりにやらせていただいているので、すごく緊張してますし、素敵なキャストの皆さんが温かく受け入れてくださるので、楽しくやらせていただいています」と声を弾ませた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top