「一人一人の責任と自覚」……混乱のパリ、中村江里子が現地の様子をブログで報告 | RBB TODAY

「一人一人の責任と自覚」……混乱のパリ、中村江里子が現地の様子をブログで報告

エンタメ その他
 新型コロナウイルスの影響で、生活必需品を取り扱う店舗以外の全店舗閉鎖を決めたフランス。その状況について、フリーアナウンサーの中村江里子がブログで伝えている。


 中村は現在、フランス・パリを拠点に活動。15日、「一人一人の責任と自覚」と題してブログを更新した。まずは「フランスは15日の0時から、レストラン、カフェ、映画館、ディスコやブティックなどが閉鎖となります」「木曜日の夜にマクロン大統領による休校のメッセージがあったばかり・・・明日からフランス全土の学校が休校です」など、現状について綴った上で、ここに至るまでの経過についても解説。

 今回の大規模な規制が始まる前のパリの様子について「規制が強化される前でも、大人だったら何をすべきか理解できているものだと思っていました」とした上で、「知人があげたインスタは・・・クラブで賑やかに踊る人たちの映像でした。金曜日の夜のことです。そこには接客業の責任者である人も写っていました」など、非常事態に対して、現地で自覚の足りない人物が存在したことも残念そうに報告。

 そうした人々に向けては「パンデミックへブレーキをかけるために規制が強化されました。これまで真摯にこの状況に向き合うことのなかった人たちが、向き合い、一緒にブレーキをかけてくれることを願っています」と呼びかけ。今後については「フランス国民が真摯にこの状況に立ち向かってくれたおかげで、成果が出ています」というメッセージが首相から発せられることを祈った。
《KT》

関連ニュース

page top