堤真一と吉沢亮がキス!? 映画『一度死んでみた』衝撃の場面カット公開 | RBB TODAY

堤真一と吉沢亮がキス!? 映画『一度死んでみた』衝撃の場面カット公開

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • (C)2020 松竹 フジテレビジョン
  • (C)2020 松竹 フジテレビジョン
 女優・広瀬すずが主演を務め、吉沢亮、堤真一、リリー・フランキー、小澤征悦、嶋田久作、木村多江、松田翔太といった俳優陣が脇を固める映画『一度死んでみた』が20日から公開となる。このほど、堤と吉沢のキス寸前の衝撃場面写真が公開となった。


 同作は父親嫌いのこじらせ女子大生・野畑七瀬(広瀬)が、「2日間だけ死んじゃう薬」を服用し仮死状態になってしまった父親・計(堤)を、生き返る前に火葬されるピンチから救うべく、存在感が無さすぎてゴーストと呼ばれている計の秘書・松岡(吉沢)とともに奔走するコメディ。

 今回公開となった場面写真にはたくさんの花で飾り付けられた棺桶に眠る計に松岡がキスをしようと顔を近づけるシーンが収められている。一体、どのような流れで松岡が計にキスをする流れになったのかは見てのお楽しみだ。なお、キスシーンの演出にはなぜかリリーが参加。リリーはカメラワークなどにこだわりを見せたそうで、その甲斐あってか渾身のワンシーンに仕上がったという。

 映画『一度死んでみた』は3月20日公開。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top