ウエンツ瑛士、ロンドン留学は「人生最高の1年半」 4月から日本で活動 | RBB TODAY

ウエンツ瑛士、ロンドン留学は「人生最高の1年半」 4月から日本で活動

エンタメ その他
ウエンツ瑛士【撮影:竹内みちまろ】
  • ウエンツ瑛士【撮影:竹内みちまろ】
 舞台の勉強のため2018年10月から芸能活動を休止し、イギリス・ロンドンに留学していたウエンツ瑛士が、10日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演。1年半の留学生活を振り返った。


 この日、MCのヒロミがウエンツのもとにドッキリ訪問。ロンドンで、番組恒例のアポなし旅を繰り広げた。そこで出向いた店で、ヒロミが彼の留学について「仕事を全部辞めてロンドン行って勉強したいというのは自分の中ではどうだった?」と質問。

 すると34歳のウエンツは、「絶対に言えるのは、34年間で一番最高の1年半だというのは間違いない」と断言。ヒロミが「これからの若者はチャレンジしたほうがいい?」と尋ねると、「迷っている人がいたら絶対」とも言い切った。

 またウエンツは「海外に行くのがすべてではない」としながらも、「どこに停まる分からない電車が走ってるって、ありえない」と、未体験の生活に刺激を受けたと振り返った。

 ただし番組後半、ウエンツから4月に日本に帰国することが告げられた。ヒロミから「ここから(日本の芸能界に)また戻るのはパワーがいる。甘くない」と諭されるも、彼は「絶対にやります」と固い決意。また、日本を離れることに尻込みする下の世代のために、海外で活躍し、再び日本に戻っても活躍できる見本になりたいとも話していた。

 そんなヒロミは、ウエンツの『火サプ』休演にともない、新たに抜擢されたMC。エンディングでは、4月からウエンツが同番組に復帰することを共演者に同意させた上で、「ていうことはオレ、クビかな!?」と言い放ち、笑いを誘っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top