加藤浩次、YouTube活動開始の宮迫博之に「次の動画が楽しみ」 | RBB TODAY

加藤浩次、YouTube活動開始の宮迫博之に「次の動画が楽しみ」

エンタメ その他
加藤浩次【写真:竹内みちまろ】
  • 加藤浩次【写真:竹内みちまろ】
 30日放送の『スッキリ』(日本テレビ)では昨日から宮迫博之がYouTubeでの活動を開始したことについて、共演者がそれぞれの私見を語った。


  反社会的勢力との闇営業問題で活動を休止中の宮迫は29日に自身のYouTubeを開設。謝罪動画を投稿し、現状や今の思いを語った。しかし、動画には批判的な声も多く、動画の高評価が5万4000件なのに対して低評価が9万7000件と、動画の内容に賛否が分かれている現状だ。

 この動画についてコメンテーターのモーリー・ロバートソンは「テレビとYouTubeはかなり違う生き物」と前置きした上で、「(YouTubeではテレビと違って)独立性、主流を外れたこと、反体制、本音、これらが大切なんです」と言い、宮迫の今回の動画にはそういったYouTubeならではの大切なものが抜け落ちていた指摘。そしてその欠落が原因で、YouTubeの視聴者からは「愛する媒体をテレビ復帰の足がかりにされた」と思われてしまい、今回の批判殺到につながったと語った。

 MCの加藤浩次は宮迫が動画内で「あらためてお笑いが好きと実感した」と話していたことについて触れ、「これからどういった動画を配信していくのか。お笑いが好きだと言ってるのでそういった動画をこれから流していくと思う。それをやっていくって決めたということは、テレビを諦めたというわけではないと思うけど、主戦場はYouTubeでやっていくんだっていう気持ちは持ってるんだろうなって僕は思いました」と動画を見て感じた思いを明かした。

 本日30日、宮迫と一緒に活動を休止していたロンドンブーツ1号2号の田村亮が相方の田村淳とともにトークライブを行う。加藤は「(ロンドンブーツ1号2号の)2人に関してはテレビ復帰という考え方、宮迫さんがYouTubeで謝罪動画を出したのは復帰になるのか。始めたというだけになるのか」と言い「謝罪動画じゃなくて、次の動画が楽しみですよね」と語っていた。

《松尾》

関連ニュース

特集

page top