乃木坂46山下美月、ビキニ&ランジェリー撮影に初挑戦「露出が多いかも……」 | RBB TODAY

乃木坂46山下美月、ビキニ&ランジェリー撮影に初挑戦「露出が多いかも……」

エンタメ グラビア
山下美月【写真:竹内みちまろ】
  • 山下美月【写真:竹内みちまろ】
  • 山下美月【写真:竹内みちまろ】
  • 山下美月【写真:竹内みちまろ】
  • 山下美月【写真:竹内みちまろ】
  • 撮影/須江隆治
  • 撮影/須江隆治
  • 撮影/須江隆治
 乃木坂46の山下美月が21日、都内にて、1st写真集「忘れられない人」(小学館)の発売記念イベントを開催し、囲み取材を行った。

 同作は、乃木坂46の3期生のエースであり、CanCam専属モデルとしても活躍する山下の初の写真集。撮影は昨年10月にフランス・パリで行い、水着、ランジェリー、お風呂、完全すっぴんなどに初挑戦。初版14万部で発売前重版の1万部を合わせての15万部は、坂道グループのソロ1st写真集としては白石麻衣を超えて史上最多部数でのスタートとなる。

 水着カットについて、山下は、「初めて水着で写真を撮って頂きました。ビキニも人生で初めて着ました」と告げ、「着方もわからなくて(笑) “ひも”のビキニだったのですが、『これ、どうやって結べばいいんだ』とか、『何重にもしないと取れちゃうんじゃないか』とか、すごくドキドキしながら(撮影しました)」などと振り返った。

 ランジェリー撮影も初挑戦。「いやあ、もう何か、恥ずかしいですね」とはにかみ、「パリで撮らせて頂くということで、わりと大人目な、ちょっと背伸びしたようなランジェリーだったり」と回顧。「あとは“シーツに包まる”とか、お風呂シーンとかもあったりしました」とも。「ランジェリーは普段、絶対、自分では着ないようなものを着させて頂いたので、いい思い出になりました」と付け加えた。

 「今まで私が撮らせて頂いたグラビアなどに比べると露出が多いかもしれないのですが、安く見えないといいますか、お上品に、大人っぽく撮れたらいいなという思いがありました」と述懐し、ニキビ、アザ、傷を作らないように気を付けたことを紹介。「毎日、お風呂に入るときなどに、全身鏡で、全部服を脱いで自分の体のコンディションをチェックして、『今日はここがむくんでいるな』とか、『今日はここが絞れたな』とか、毎日、毎日、コンディションの変化には敏感になって作っていました」と語った。

 ビキニやランジェリーをはじめ露出が多いという大胆カットに挑戦した理由を尋ねられると、「二十歳は自分の中で大事にしているものです。これからどんどん、大人になっていくにつれて、『今の自分は今しか残せない』という思いもあります。あとは、初めての写真集で、自分しか載ってない本がこの世の中に発売されるって本当にすごいことだと思うのですが、『妥協したくない』といいますか、全部に、1ページ、1ページにこだわりを持って、すべてに手を抜かず、120%の力を出し切って作りたいなと思って、挑みました」と明かした。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top