唐沢寿明、菊池桃子と夫婦役でNHK朝ドラ『エール』出演決定 | RBB TODAY

唐沢寿明、菊池桃子と夫婦役でNHK朝ドラ『エール』出演決定

2020年前期放送のNHK連続テレビ小説『エール』に、唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、風間杜夫、山崎育三郎、中村蒼、森山直太朗の出演が決まった。

エンタメ 映画・ドラマ
唐沢寿明、菊池桃子と夫婦役でNHK朝ドラ『エール』出演決定
  • 唐沢寿明、菊池桃子と夫婦役でNHK朝ドラ『エール』出演決定
 2020年前期放送のNHK連続テレビ小説『エール』に、唐沢寿明、菊池桃子、佐久本宝、風間杜夫、山崎育三郎、中村蒼、森山直太朗の出演が決まった。

※楽天で「ドライブレコーダー」ランキングをチェックする!【PR】

 唐沢は、今回が3度目の連続テレビ小説出演。今回は主人公裕一(窪田正孝)の父親役を演じるが、「昭和、平成、令和のの時代で出演させていただけることはとても光栄です」と喜びをコメント。共演の窪田については、「主役の窪田君は数年前に共演してからいつも頑張っている姿を間近で見ていたので、今回、自分がなにか力になれることがあるなら喜んで参加したいと思いました。役柄の父親としても、役者仲間としても成長する姿を見守っていきたいと思います」と語った。

 さらに、菊池は裕一の母で唐沢とは夫婦役となる。菊池は同ドラマ出演について、「オリンピックイヤーに、声援や応援を意味するタイトルの『エール』に参加させていただくことは大変幸せなことです」と喜び。「私は裕一を、そして家族を『普遍的な母の愛』で精一杯包み込むように演じたいと思います」と意気込んだ。

 ほか、佐久本は裕一の弟、風間は裕一の伯父、山崎・中村は裕一の幼馴染役を演じる。また、森山は裕一の恩師役で小学校の担任役を務める。主演の窪田は今回の出演者発表にあたり、「素晴らしいキャストの皆様と1年の撮影をともにすることができ大変光栄に思います」とコメント。「皆様と芝居のセッションでどんな色彩の変化、感情の波が生まれるのか今から楽しみでなりません。全員で1つとなって素晴らしいエールにしたいと思います」と語っている。

 NHK連続テレビ小説『エール』は、2020年前期放送。
《KT》

関連ニュース

特集

page top