群馬県の小学6年生・根岸実花さんが「ちゃおガール2019★オーディション」でグランプリ受賞 | RBB TODAY

群馬県の小学6年生・根岸実花さんが「ちゃおガール2019★オーディション」でグランプリ受賞

女優の仲里依紗や山田杏奈を輩出している「ちゃおガール2019★オーディション Supported by instax<チェキ>」が18日、神奈川・パシフィコ横浜にて開催され、グランプリに群馬県の小学6年生・根岸実花さんが輝いた。

エンタメ その他
「ちゃおガール2019★オーディション」グランプリの根岸実花さん【写真:竹内みちまろ】
  • 「ちゃおガール2019★オーディション」グランプリの根岸実花さん【写真:竹内みちまろ】
  • 「ちゃおガール2019★オーディション」【写真:竹内みちまろ】
  • 「ちゃおガール2019★オーディション」グランプリの根岸実花さんとガールズユニット「Ciao Smiles」(「a」は正式にはアキュート・アクセント付き)【写真:竹内みちまろ】
  • さくら学院【写真:竹内みちまろ】
  • 「ちゃおガール2019★オーディション」グランプリの根岸実花さん【写真:竹内みちまろ】
  • 「ちゃおガール2019★オーディション」グランプリの根岸実花さん【写真:竹内みちまろ】
 女優の仲里依紗や山田杏奈を輩出している「ちゃおガール2019★オーディション Supported by instax<チェキ>」が18日、神奈川・パシフィコ横浜にて開催され、グランプリに群馬県の小学6年生・根岸実花さんが輝いた。

 同オーディションでは、平均発行部数50万部、女子小学生に絶大な人気を誇る少女まんが誌「ちゃお」の誌面やYouTubeで活躍する「ちゃおガール」を選出する。

 この日は、約5,000通の応募の中から、書類審査・読者投票を経て選ばれたファイナリスト10名が公開オーディションのステージに集結。最終審査として、自己PR、特技披露、質疑応答、ダンス審査などに挑んだ。グランプリの根岸さんには、ちゃおガールとして活動することができる権利が授与された。

 グランプリとして名前を呼ばれると、根岸さんは、両方の手のひらで顔を覆って驚きを表現。「信じられなくて、『夢かな?』と思ってしまったのですが、みんなから拍手してもらって、すごく嬉しかったです」と喜びを言葉に。「今のちゃおガールみたいな、明るくて、おもしろくて、かわいいモデルになれたらいいなと思っています」と夢を膨らませた。「ファッションの雑誌などにも出てみたいです」とも。

 最終審査では、特技のチアリーディングも披露した根岸さん。オーディションは観客からの注目を浴びる公開形式だったが、「(チアリーディングの実現は)練習通りにできました」といい、「本番前まで緊張していたのですが、ステージに出たら気持ちよくて」と笑顔を見せ、メンタルを含めたポテンシャルの高さを垣間見せた。

 目標にしている芸能人を尋ねられると、根岸さんは、山田杏奈の名前をあげた。「演技も上手だし、かわいいので、みんなが憧れていると思っています」と告げ、「(女優業も含めて)色々と挑戦してみたいです」とにっこり。

 受賞の喜びを一番伝えたい人は「支えてくれたお母さんとお父さん」。ただ、両親は会場には来ていたものの、表彰式の後に行われた囲み取材の段階ではまだ会えていなかったそう。「(授賞式に始まりフォトセッションやマスコミによる取材など色々なことがありすぎて)探す気力がなかった」と茶目っ気たっぷりに言葉にしていた。

 また、イベントでは、ちゃおガールで結成されたガールズユニット「Ciao Smiles」(「a」は正式にはアキュート・アクセント付き)と、成長期限定ユニット「さくら学院」がミニライブを行った。

【「ちゃおガール2019★オーディション Supported by instax<チェキ>」結果】

グランプリ
・根岸実花さん(11歳/小学6年生/群馬県)

準グランプリ
・和田栞奈さん(10歳/小学4年生/神奈川県)
・齋藤里咲さん(8歳/小学3年生/埼玉県)

チェキ賞
・仲田志妃さん(11歳/小学6年生/沖縄県)

おはスタ賞
・齋藤里咲さん(8歳/小学3年生/埼玉県)
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top