坂上忍、吉本側の思いを理解「守る側の立場からしたら下駄を外された」 | RBB TODAY

坂上忍、吉本側の思いを理解「守る側の立場からしたら下駄を外された」

坂上忍が22日放送の『バイキング』(フジテレビ)で、闇営業騒動をめぐる宮迫博之と田村亮の謝罪会見について言及した。

エンタメ その他
坂上忍【撮影:椿山】
  • 坂上忍【撮影:椿山】
 坂上忍が22日放送の『バイキング』(フジテレビ)で、闇営業騒動をめぐる宮迫博之と田村亮の謝罪会見について言及した。

※今週のエンジニア女子をチェックする

 会見を全て見たという坂上は同じタレントとして、共感できる部分もあったとコメント。一方で、その上で「ああいう会見になったからこそ冷静に見なきゃいけない」と言い、「あくまでもあれは2人の主張であって、あの主張を受けて、これまでの経緯というのがあって、会社の立場に立った時どう感じるんだろうって僕頭の中で自分なりに考えてみた」と語った。

 坂上は「会社としては全精力を注いで守ろうとしたのは間違い無いと思う」と事務所側の思いを汲み、「その時は守る材料あったんだよ。反社会的勢力と知らなかったんだから、気づかなかったんだから、何より、お金もらってないって言ってたんだから。それを信じて吉本さん動いたわけだから」とコメント。

 その後、ノーギャラ発言はすぐに週刊誌によって嘘だったことが明らかに。坂上は「守る側の立場からしたらそれがいちばんの守れる材料だったはずなんだよ。そしたら下駄を外されたじゃないですけど、このタイミングでそれやられちゃったら俺たちどうすればいいの。次守る時またハードル高くなっちゃうよって感じたことは否めないと思う」と吉本興業側の思いに理解を示した。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top