“可愛い”を封印!? 千葉雄大、30歳の最新写真集は「脱がされて色っぽい感じに…」 | RBB TODAY

“可愛い”を封印!? 千葉雄大、30歳の最新写真集は「脱がされて色っぽい感じに…」

俳優でタレントの千葉雄大が13日、都内で行われた自身の写真集『彩り』(ワニブックス)の発売記念握手会に登場した。

エンタメ その他
千葉雄大【撮影:小宮山あきの】
  • 千葉雄大【撮影:小宮山あきの】
  • 千葉雄大【撮影:小宮山あきの】
  • 千葉雄大【撮影:小宮山あきの】
  • 千葉雄大【撮影:小宮山あきの】
  • 千葉雄大(c)千葉雄大 写真集 『彩り』 撮影:多田悟 ワニブックス刊
  • 千葉雄大(c)千葉雄大 写真集 『彩り』 撮影:多田悟 ワニブックス刊
  • 千葉雄大(c)千葉雄大 写真集 『彩り』 撮影:多田悟 ワニブックス刊
  • 千葉雄大(c)千葉雄大 写真集 『彩り』 撮影:多田悟 ワニブックス刊
 俳優でタレントの千葉雄大が13日、都内で行われた自身の写真集『彩り』(ワニブックス)の発売記念握手会に登場した。

 20代最後の千葉をニューヨークで撮り下ろした同写真集は、今年30歳を迎えた千葉の“男”で“大人”な表情や、ロングインタビューなどを盛り込んだ一冊となっている。

 千葉は「ニューヨークに5日間行って撮影をしました。金髪にして日本とは違った雰囲気で、のびのびと撮影ができました」と声を弾ませ、「30歳になって初めての写真集なので、たくさんの方に買っていただきたいです」とアピールした。

 撮影中に印象深かったことを聞かれると、「スタッフの皆さんと寝食を共にして、撮影はアットホームな感じだったので、修学旅行みたいな感じで楽しかったです」と笑顔。

 「衣装が自分の私服だったんですけど、全部自分で用意していったので、一着忘れてしまって…。現地で青いジャケットを買い足して、タイムズスクエアで撮影しました」とエピソードを披露した。

 囲み取材の前の写真撮影では、報道陣から「可愛くお願いします」「キュートに」というリクエストが止まらなかった千葉。

 アラサー男子として“可愛い”と称されることについては「全然ありがたいですし、呼吸のごとく(可愛い表情が)できるようになりましたね」とにっこり。

 「今回の写真集では、“可愛い”がだいぶ封印されているのでは?」とふられると、「脱がされて色っぽい感じになったところもあります。男性カメラマンさんと二人っきりでシーツの中に入って、お互いの吐息を感じながら撮影したので、また違った表情になりました」と撮影時の様子を明かして、笑いを誘った。

 また、元号が変わることについて話題を向けられると「僕は平成元年生まれで、アルバイトをするときも先輩に『ついに平成が来た』って言われたり、チヤホヤされてきたんですけど、『令和』になったらもうチヤホヤもしてもらえないので、お局として頑張っていきます」と自虐コメント。

 「30代の目標は?」との質問には「現場で年下の役者さんが増えてきたので、志を高く仕事をしていきたいです。ポスト千葉雄大みたいな人が表れたら、正々堂々対決していきます。芽は摘んでおこうかな」と赤裸々に目論みを明かし、笑わせていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top