大河初出演の沢尻エリカ、声を震わせ「20年間で培ったものを全て捧げる」 | RBB TODAY

大河初出演の沢尻エリカ、声を震わせ「20年間で培ったものを全て捧げる」

2020年大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の出演者発表会見が8日、都内で行われ、新キャストとして発表された門脇麦、沢尻エリカ、岡村隆史、染谷翔太、堺正章、高橋克典ほかが、主人公の明智光秀を演じる長谷川博己とともに登場。

エンタメ 映画・ドラマ
沢尻エリカ【撮影:小宮山あきの】
  • 沢尻エリカ【撮影:小宮山あきの】
  • 沢尻エリカ、堺正章、本木雅弘、長谷川博己、門脇麦、岡村隆史、染谷翔太、尾美としのり、西村まさ彦、石川さゆり、高橋克典、上杉祥三【撮影:小宮山あきの】
  • 長谷川博己、門脇麦【撮影:小宮山あきの】
  • 沢尻エリカ、堺正章【撮影:小宮山あきの】
  • 門脇麦、岡村隆史、染谷翔太【撮影:小宮山あきの】
  • 沢尻エリカ、堺正章、本木雅弘【撮影:小宮山あきの】
  • 門脇麦【撮影:小宮山あきの】
  • 岡村隆史、染谷翔太【撮影:小宮山あきの】
 2020年大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK)の出演者発表会見が8日、都内で行われ、新キャストとして発表された門脇麦、沢尻エリカ、岡村隆史、染谷翔太、堺正章、高橋克典ほかが、主人公の明智光秀を演じる長谷川博己とともに登場。

 沢尻エリカ、岡村隆史、高橋克典は大河初出演となる。

 記念すべき2回目の東京五輪が行われる2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』は、「戦国時代」をはじめて4Kでフル撮影し、従来とは全く異なる新しい解釈で、歴史上の英雄たちを描く第59作。

 光秀が京で出会う娘・駒を演じる門脇は、「今日皆さんと初めてお会いする日で、緊張してるんですけど、楽しくなりそうな予感がします」と笑顔を浮かべ、「駒は今回の作品のために作られたオリジナルの役なので、その分自由に動かせるキャラクターだと思いますし、いい作品になるように頑張ります」と意気込みを語った。

 斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)を演じる沢尻は、「芸能生活20周年にしてようやく大河に出演することができました。本当に嬉しく思っています」と感無量の表情。

 「12歳で芸能界に入ってから、むしゃらに今まで生きてきました。たくさん失敗したし、挫折もして、学んでここまで成長してくることができました」と波乱万丈であった芸能生活をふり返ると、「この20年間で培ったもの、築きあげたもの、自分が持っているものを全て、今回この作品に捧げます。沢尻エリカの集大成だと思っています」と声を震わせながら、女優としての決意を語った。

 あらためて、大河初出演となる心境を聞かれると、「嬉しいです。一番ママが喜んでいると思います。周りの友達も喜んでくれています」と笑顔で反響を明かし、「今までの思いを出しきりたいと思います」と強い思いを語った。

 このほか、本木雅弘、石川さゆり、西村まさ彦、上杉祥三、尾美としのりも登壇。会見は欠席となった伊藤英明の出演も発表された。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top