りゅうちぇる、SNS休止を考えた過去「全ての言葉を歌で伝えたいと思っていて……」 | RBB TODAY

りゅうちぇる、SNS休止を考えた過去「全ての言葉を歌で伝えたいと思っていて……」

りゅうちぇるがSNSをやめようと思っていた過去について明かした。

エンタメ ブログ
りゅうちぇる【撮影:小宮山あきの】
  • りゅうちぇる【撮影:小宮山あきの】
 りゅうちぇるがSNSをやめようと思っていた過去について明かした。


 モデルやタレントとして活躍するりゅうちぇる。さらに昨年2月からはRYUCHELL名義で歌手としても活動しており、4月には初のアルバム『SUPER CANDY BOY』のリリースも決定している。

 歌手活動が注目を集める中、りゅうちぇるは27日、自身のTwitterを更新。「歌をはじめたら、全ての言葉を歌で伝えたいと思っていて、SNSをやめようかなと考えてて」と歌手活動をきっかけにSNSの休止を考えていたことを告白した。若者を中心に絶大な人気を誇り、現在Twitterのフォロワーは120万人を突破しているりゅうちぇる。意外な思いを明かした後、りゅうちぇるは「でもみんなとつながれるSNSは僕にとってすごく大切な場所で、SNSがキッカケで、歌を聞こうと思ってくれる人も今の時代はいるし、何が格好良いかなんてやめて、自分を制限せずに頑張りたいと今は思ってる」と続けた。

 この意外な告白はファンの間で話題に。投稿には「りゅうちぇるがSNSやめるなんて辛すぎるからやめてね!!」「応援してます! でもどうかやめないでください」「目が見えない人には歌を。耳が聞こえない人には言葉を。りゅうちぇるさんの 想いを色んな形で色んな人に届けて欲しい」など多くのコメントが寄せられている。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top