太田光、ZOZO前澤氏の“お年玉企画”に持論「やってることが下品」 | RBB TODAY

太田光、ZOZO前澤氏の“お年玉企画”に持論「やってることが下品」

8日に放送された『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で爆笑問題の太田光が、ZOZOTOWN前澤友作社長のお年玉企画に持論を述べた。

エンタメ その他
太田光 (c)Getty Images
  • 太田光 (c)Getty Images
 8日に放送された『火曜JUNK 爆笑問題カーボーイ』(TBSラジオ)で爆笑問題の太田光が、ZOZOTOWN前澤友作社長のお年玉企画に持論を述べた。


 前澤氏のツイッターをフォローし、リツイートするだけで100人に100万円をプレゼントするという夢の企画。フォロワーは一時600万人を超え、リツイート数も世界記録を更新。前澤氏を名乗った「偽物ツイート」も登場したことも話題となった。

 だが8日に当選者が決定し、企画終了とともにフォロワーは減少し続けている(9日午前4時現在570万人)。

 太田はこのニュースに関して「ヤな奴だねえあいつ!下品だ、やってることが!」と前澤社長に苦言。「なんであんなこと平気でやるのかね? 金ばら撒いてんだぜ、だって」と述べ、「いくら金持ちだからってさあ。一般の庶民にホレホレホレ!って金ばら撒いてさあ、平気な顔してんだよな」と指摘。「ああいうの平気になっちゃったのねこの国は」と嘆いた。

 ただ太田は「リツイートするよ、そりゃ誰だって。それはしょうがない」とユーザー側の心理に理解を示しつつ、「やるほうだよ、下品だろ」と、こうした企画を立てることに繰り返し疑問を呈した。

 彼はまた、「『どうですこの商売上手?』みたいな、その自慢ってアイツら、よくするじゃん。『この商売の上手さ、どうです?』みたいな」と、特にIT系の経営者にありがちな傾向を分析し、「もう、うるせえ!」と毒を吐いていた。田中裕二は「それはもう人それぞれ」と、どう思うかは価値観の違いであることを主張していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top