山本彩プロデュースのNMB48研究生公演が初日!新曲「夢は逃げない」を初披露 | RBB TODAY

山本彩プロデュースのNMB48研究生公演が初日!新曲「夢は逃げない」を初披露

10月27日に卒業公演を控えるNMB48の山本彩がプロデュースした研究生公演が26日に初日を迎えた。

エンタメ 音楽
(C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
  • (C)NMB48
 10月27日に卒業公演を控えるNMB48の山本彩がプロデュースした研究生公演が26日に初日を迎えた。


 山本から研究生へのメッセージがこもった、山本自身を象徴する内容となっている。また、同公演で秋元康氏が作詞、山本が作曲を担当する研究生への楽曲「夢は逃げない」が初披露された。この楽曲は10月17日に発売されるNMB48の19枚目のシングル『僕だって泣いちゃうよ』のカップリング曲として収録されており、この公演タイトルにもなっている。

 公演はファンからの声援に支えられ、終了した。

 公演後、囲み取材に応じた新澤菜央は「今日始まる前は、初めてのライブでめちゃくちゃ緊張していたんですけど、始まったらお客さんが明るくて何を言っても返事をしてくださって、楽しんでライブをすることができました」と振り返り、小林莉奈も「始まる前は緊張しすぎて泣いてしまって不安だったんですけど、お客さんの声援とかコールがすごくてめちゃくちゃ楽しかったです」とコメント。一方、塩月希依音は「楽しかったんですけど、まだファンの方全員が楽しんでいただけているかは分からないし、まだまだもっと成長出来ると思うので、これから何回もやる度にもっともっと成長して良い公演にしたいです」と今後の意気込みを語った。

 山本が作った楽曲について、大田莉央奈は「初めて聞いた時は、歌詞をまず読んでいたんですけど、すごく自分を後押しされるというか、自分と重なるところがあれば、これから先のこともあれば、彩さんが今まで背負ってきたものとかを感じられて『がんばれ』という言葉を、まだその時は音源が出来ていなくて彩さんの声ではなかったんですけど、心に刺さったし、その後辛い事とかもあったけど、この曲は私の背中を押してくれた良い曲だなと思います」とコメント。

 公演の見どころを聞かれると、大田は「もちろん『夢は逃げない』なんですけど、ダンスの先生が、彩さんが絶対に『僕以外の誰か』だけは変えなかったと言っていて、NMB48を彩さんが引っ張っていくだけじゃだめで、彩さん以外の誰かという意味もあると思っていて、それはこの公演なら私たちなんだと思うし、私たちもこれからどんどん出ていかないといけないんだという表現をしていかない曲だと思うし、最初の曲というのもあって力を入れていこうと思います」と言い、出口結菜は「この公演で私たちが1番楽しんでいる部分は『場当たりGO!』という曲で、私たち自身も自由に楽しんでやっている曲になるので、お客さんと一緒に盛り上がっていけたらいいなと思っています」とメッセージした。

 また、「本番を迎えて、前半は、緊張している様子で動きが固いなとかリハーサルの方が良かったなという部分もあったんですけど後半になるにつれて、自分たちのペースも掴んできてどんどん動きも表情の良くなっていったなと感じました」と振り返ったのは同公演をプロデュースした山本。続けて「研究生へのメッセージを込めた楽曲や、私自身が研究生へ作曲した曲(※夢は逃げない)もあり、もしかしたらファンの皆さんにまだ馴染みない曲もあるかもしれませんが、そういった曲は、この公演で、研究生とファンの皆さんと一緒に成長させてもらってより良い公演を作っていただきたいなと思います」とメッセージを送り、「がんばれ!」と応援のコメントで締めくくった。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top