ZOZO前澤社長、本の帯をさんまにオファー?「書いてくれたらいいよね」 | RBB TODAY

ZOZO前澤社長、本の帯をさんまにオファー?「書いてくれたらいいよね」

エンタメ その他
 幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏が、2日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演。ファッション通販サイトZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイの前澤友作社長の仰天プランを明かした。


 現在、箕輪氏は、前澤社長の本を出版するために交渉中。「先週、『こういう本を考えてます』ということを説明しに本社まで行かせていただきました」と明かした。だが、「ここ(『サンジャポ』)でペチャクチャ喋らなければ、いける気がします」と笑いを誘った。

 また箕輪氏は前澤社長に、「全部話してください。そうじゃないと良い本なんてできませんから」と、書籍化が決まる前に洗いざらい話してほしいと提案したという。爆笑問題・田中裕二が「じゃ、一応いろんな話は聞いたんだ?」と質問すると、「聞いてますし。(明石家)さんまさんの話とかもされてましたね」とポロリ。

 これには全員興味津々。“みちょぱ”こと池田美優らが「えっー逆に?」と言えば、太田光も「どんな話?」と聞くと、箕輪氏は社長の言った言葉として「『本の帯とか書いてくれたらいいよね』みたいな……」と答えた。さんまと言えば、社長の恋人・剛力彩芽をお気に入りの存在として挙げていたことで知られる。まさかの“コラボ”に、みちょぱも「新しい」と感心していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top