安藤政信、役者活動休止期間の真相告白「俳優って自由じゃない感じがした」 | RBB TODAY

安藤政信、役者活動休止期間の真相告白「俳優って自由じゃない感じがした」

俳優の安藤政信が26日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)に登場。俳優活動を休止していた期間とその理由について真相を語るシーンがあった。

エンタメ その他
安藤政信 (c)Getty Images
  • 安藤政信 (c)Getty Images
 俳優の安藤政信が26日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ)に登場。俳優活動を休止していた期間とその理由について真相を語るシーンがあった。

 高校生でスカウトされ、1996年北野武監督作品『キッズ・リターン』で主演デビュー。その後、『コード・ブルー』など多数のドラマ・映画で活躍している安藤。9月15日公開の映画『キタキラ眼鏡』でも主人公の恋人役で余命宣告を受ける難しい役を演じている。そんな安藤は、デビューから16年後の2012年に突然俳優活動を休止し、3年後に復帰した。

 安藤は当時について「自分たちの世代って映画だけで集中してやってきた。それがだんだん映画だけじゃなくてドラマとか毎日じゃないと通用しなくなって、なんかそこのギャップというか時代の変化に追い付かなかった」と振り返った。また、日本映画の撮影してから番宣が行われ…というシステム化されている現状にも「きつい」と思うようになったという。

 「台本とかにしばられているのがすごいイヤだな、役者って……。ミュージシャンは、その場でセッションしたり自由。役者って自由じゃない感じがした」と話すと、同じく出演していた俳優の山田孝之も「俳優としてやればやるほど、自分としての時間がなくなってくんですもんね」と同意していた。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top