中村静香、厳格な家庭環境明かす「5分門限遅刻で腕立て伏せ500回」 | RBB TODAY

中村静香、厳格な家庭環境明かす「5分門限遅刻で腕立て伏せ500回」

中村静香が、18日放送の『浜ちゃんが!』(日本テレビ系)に出演。厳格な家庭環境を語る一幕があった。

エンタメ その他
中村静香【撮影:竹内みちまろ】
  • 中村静香【撮影:竹内みちまろ】
 中村静香が、18日放送の『浜ちゃんが!』(日本テレビ系)に出演。厳格な家庭環境を語る一幕があった。

 12年前、初のフルマラソンである「ホノルルマラソン」に挑戦した中村。その時は「完走」するだけで良かったが、今は「タイム」が目標とし、「4時間を切るのが市民ランナーの大きな夢で、日々の距離やタイム、1キロごとのペースが大事」などと熱弁。現在は日常のすべてをトレーニングに捧げているという。

 さらに彼女は「美ボディを目指したい」と明かしながら、「父も昔から筋肉好きで、5分門限遅刻したりすると『腕立て伏せ500回やれ』とか変わった罰則を与えられていた」と話すと、ダウンタウン浜田雅功から「エーッ!」と驚きの声をあげ、パンサーの向井慧も「厳しい!」と指摘されていた。

 また、父からは足を冷やすアイシングセットや、口にくわえて呼吸をすることで心肺機能を高めるパワーブリーズをプレゼントされたという。

 今回、大胸筋を鍛えるチェストプレスに挑んだ中村。女性でもなかなか難しい40キロを軽々とクリアすると、再び浜田もびっくりしていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top