ももクロ百田夏菜子、めざまし「日本つながるプロジェクト」の第一走者として出走 | RBB TODAY

ももクロ百田夏菜子、めざまし「日本つながるプロジェクト」の第一走者として出走

エンタメ その他

(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 今年番組開始25年目を迎えたフジテレビ系情報番組『めざましテレビ』。7月15日、東京1964オリンピック聖火リレーのルートの主要な場所を走る「日本つながるプロジェクト」をスタートした。


 同番組の今年のテーマは「つなぐ」、さらに東京2020オリンピック・パラリンピックまであと2年ということで始まった今回の企画。東京1964オリンピック聖火リレーのルートの主要な場所を走るなかで、全都道府県をまわり、東京2020オリンピック期間中に、東京で世界の人々に見てもらいたい日本の超絶パフォーマンスを発掘していく。

 本日、そのオープニングセレモニーが沖縄で行われ、たすきリレーがスタート。那覇市国際通りの「てんぶす那覇ポケットパーク(通称:てんぶす前広場)」で行われたオープニングセレモニーには、ももいろクローバーZ、たこやきレインボー、成底ゆう子、同局の三宅正治アナウンサー、永島優美アナウンサー、城間幹子那覇市長が参加。沖縄出身のシンガーソングライターの成底ゆう子が、地元で親しまれている楽曲「ダイナミック琉球」を披露した。

 そして、炎天下の中スタートしたたすきリレーの第1走者は、『めざましテレビ』25周年企画「日本つながるプロジェクト」応援ソング第1弾に決まった、ももいろクローバーZの百田夏菜子。緊張の面持ちでスタートラインにたった百田だったが、伴走の玉井詩織、佐々木彩夏と共に、集まった沿道の人たちに笑顔で応え、猛暑の沖縄を熱く走りぬけた。

 百田は第1走者を務めたことについて、「第一走者として、国際通りの真ん中を走ることができ、今まで見たことがない光景でした」と感想をコメント。また、「お客さんやメンバー、出演者の皆さんの思いがたすきに詰まっているのを感じました」とたすきの重みも感じた様子だった。このオープニングセレモニー、たすきリレーの様子、そして「日本つながるプロジェクト」の今後の予定や全貌については、26日の番組内で詳しく伝えられる。
《Tsujimura》

関連ニュース

page top