橋本マナミ、ポーランド戦日本の戦略にガッカリ「素直に喜べなかった」 | RBB TODAY

橋本マナミ、ポーランド戦日本の戦略にガッカリ「素直に喜べなかった」

橋本マナミが29日放送の『バイキング』(フジテレビ)に出演。橋本はサッカーW杯の1次リーグ最終戦で日本がポーランドに敗れ、決勝トーナメント進出を決めたことに「素直に喜べなかった」と率直な思いを明かした。

エンタメ その他
橋本マナミ【撮影:編集部】
  • 橋本マナミ【撮影:編集部】
 橋本マナミが29日放送の『バイキング』(フジテレビ)に出演。橋本はサッカーW杯の1次リーグ最終戦で日本がポーランドに敗れ、決勝トーナメント進出を決めたことに「素直に喜べなかった」と率直な思いを明かした。

 ポーランド戦で日本は後半、リードされながらも裏で行われているセネガル・コロンビア戦の戦況を意識し積極的に攻める姿勢を見せず、アディショナルタイムには自陣でボール回しに終始するという驚きの戦略を全世界の前で披露。結果的に日本はフェアプレーポイントの差で決勝トーナメント進出を決めるのだが、試合会場のヴォルゴグラードではブーイングの嵐となっていた

 日本でもそういった批判の声は多く、橋本も決勝トーナメント進出を喜びつつも、「W杯だから最後まで戦う姿勢を見せて欲しかった」と西野監督の戦略にガッカリとした様子。さらに「終わりもすごいヌルッとしてて、『え、負けたけど決勝トーナメント行けるの?』みたいな、だから素直に喜べなかった」と不満そうに語っていた。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top