中尾彬、“ねじねじマフラー”200本を捨てたと告白!「まだ200本残ってる」 | RBB TODAY

中尾彬、“ねじねじマフラー”200本を捨てたと告白!「まだ200本残ってる」

俳優の中尾彬(75)と妻で女優の池波志乃(63)が13日、都内にて、夫婦で出版した著書「終活夫婦」の発売記念イベントを開催した。

エンタメ その他
池波志乃、中尾彬【写真:竹内みちまろ】
  • 池波志乃、中尾彬【写真:竹内みちまろ】
  • 池波志乃、中尾彬【写真:竹内みちまろ】
  • 池波志乃、中尾彬【写真:竹内みちまろ】
  • 池波志乃、中尾彬【写真:竹内みちまろ】
  • 中尾彬【写真:竹内みちまろ】
  • 中尾彬【写真:竹内みちまろ】
  • 池波志乃【写真:竹内みちまろ】
  • 池波志乃【写真:竹内みちまろ】
 俳優の中尾彬(75)と妻で女優の池波志乃(63)が13日、都内にて、夫婦で出版した著書「終活夫婦」の発売記念イベントを開催した。

 芸能界で気になったニュースを尋ねられると、中尾は「今日やっていたんだけど、石田純一の息子が何とかで。ケンカをしているんだって?」と、中尾が出演した同日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)でも取り上げられていた、俳優のいしだ壱成がTwitter上で一般ユーザーと口論になった“炎上騒動”に言及。「今日、言ったの。だんだんおやじに似てきたんだね。ネジが1本、足りないんだよ(笑)」と告げ、「1本足りなくてもいいじゃん、すごく」などといしだをフォローした。

 中尾は「終活」という言葉を知らなかったそう。中尾の家の中に取材が入った際に「年をとってくると色々なものが増えて困っていて、今、処理をしているのだよ」と話したら、「それは『終活ですね』」と言われ、「終活」という言葉を知ったエピソードを述懐した。

 「終活」では、中尾夫妻は、写真や本などを大量に整理したそう。本については、古書店に頼んで、トラック数台分を処理したことを告げた。中尾は「高橋英樹、あいつが俺の真似をしてやったら『トラック4台』とか言っていましたね」と振り返った。池波は「でも、断捨離とはぜんぜん違うので」といい、「大事なものは人それぞれにあるじゃないですか。旦那のものとか、趣味のものとか。そういうものは一番最後までとっておいた方がいい。(無くなると)自分が悲しくなるものは捨てない方がいい」と体験から言葉にした。すると中尾は、トレードマークの“ねじねじマフラー”をつまんで、「でも俺は、これを捨てられたよ。200本くらい」と絶妙のタイミングで愚痴をこぼし、笑いを誘った。なお、200本を捨てられた後、まだ200本ほど残っているそう。

 夫婦円満の秘訣が話題にあがると、池波は「けんかにならないように努力しています」と心掛けを紹介。池波いわく、中尾は家の中と外では「あまり変わらない」そうだが、池波は「駄々っ子っぽさが増すだけです」と付け加えた。「亭主関白ぶりが有名ですよね?」と突っ込まれると、中尾は「関白ではないのよ。私が要求すことを全部やってくれるから」といい、夫婦仲の良さを見せつけた。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top