【デジージョ レポート】海外旅行前に自宅で外貨を受け取り。便利にお得に使える『LINE Pay外貨両替』 | RBB TODAY

【デジージョ レポート】海外旅行前に自宅で外貨を受け取り。便利にお得に使える『LINE Pay外貨両替』

IT・デジタル モバイル

LINE FRIENDSのキャラクター、レナードが描かれたかわいい封筒で届いた!外貨は現金書留では送れないみたいで、簡易書留で送られてきました。なお写真は140ポンドしか写っていませんが、ちゃんと150ポンド届いています。撮り忘れです(汗)
  • LINE FRIENDSのキャラクター、レナードが描かれたかわいい封筒で届いた!外貨は現金書留では送れないみたいで、簡易書留で送られてきました。なお写真は140ポンドしか写っていませんが、ちゃんと150ポンド届いています。撮り忘れです(汗)
  • いつもの『LINE』画面から『LINE Pay』を使い始められる
  • 『LINE Pay』のページで「外貨両替」を選ぶ
  • 米ドル、中国人民元、韓国ウォン、ユーロ、英ポンド、香港ドル、台湾ドル、タイバーツ、ベトナムドン、シンガポールドル、オーストラリアドルの11通貨に対応(2018年3月1日現在)。外貨は空港で受け取ることもできる
  • この時の英ポンドのレートは149.40円で、為替手数料は1英ポンドにつき10.28円。一般的な通貨の為替手数料はおよそ3%が目安のよう
  • あらかじめ100、300、500の単位が設定されているが、直接入力を選ぶこともできる
  • 決済は通貨選択後 30 分以内に。タイミングがずれると申し込み時の為替レートが変わる可能性もあるので注意
  • 『LINE Pay』の取引は、LINEのトーク画面で確認できる
 ここ数年、海外出張が増えたこともあり、いかにお得に外貨に両替するかを考えています。そこで試してみたのが『LINE Pay外貨両替』。これはSBJ銀行がおこなうサービスで、『LINE Pay』で支払うことができます。事前に専用画面から申し込んでおくことで、外貨を自宅や職場に配送してくれるんです。取り扱い通貨も11通貨と多く、今回の旅先であるイギリスのポンドも入っていました。

 『LINE Pay』はLINEの友達同士で手軽に送金や割り勘ができるサービスで、規約に同意するだけで登録できます。チャージは銀行口座を登録すれば簡単。私は外貨両替のために、いつもの取引銀行から2万5000円をチャージしました。ローソンやファミリーマートなどでチャージすることもできます。『LINE Pay』を街ナカの加盟店で使う場合は『LINE Payカード』が必要ですが、『LINE Pay外貨両替』は『LINE Payカード』がなくても利用できます。

いつもの『LINE』画面から『LINE Pay』を使い始められる
いつもの『LINE』画面から『LINE Pay』を使い始められる



『LINE Pay』のページで「外貨両替」を選ぶ
『LINE Pay』のページで「外貨両替」を選ぶ


 申し込み画面には今のレートがいくらで、為替手数料がいくらなのかも書かれています。空港の両替所には為替手数料込みの金額しか書かれていなかったので、知らなかったのですが、意外と為替手数料がかかっていたんですね。空港では高いのか、安いのかもわからず、「取りあえず両替しなきゃ!」と、目に付いた両替所に並んでいましたが、ちゃんと手数料を把握できると、納得して両替できます。しかも今回、2018年2月28日までのキャンペーン中に申し込んだので、為替手数料と配送料が無料になって、とってもお得に両替できたのです。ふふふ……。なお配送料は通常、3万円未満で600円、3万円以上5万円未満だと300円、5万円以上だと無料になります。

米ドル、中国人民元、韓国ウォン、ユーロ、英ポンド、香港ドル、台湾ドル、タイバーツ、ベトナムドン、シンガポールドル、オーストラリアドルの11通貨に対応(2018年3月1日現在)。外貨は空港で受け取ることもできる
米ドル、中国人民元、韓国ウォン、ユーロ、英ポンド、香港ドル、台湾ドル、タイバーツ、ベトナムドン、シンガポールドル、オーストラリアドルの11通貨に対応(2018年3月1日現在)。外貨は空港で受け取ることもできる


この時の英ポンドのレートは149.40円で、為替手数料は1英ポンドにつき10.28円。一般的な通貨の為替手数料はおよそ3%が目安のよう
この時の英ポンドのレートは149.40円で、為替手数料は1英ポンドにつき10.28円。一般的な通貨の為替手数料はおよそ3%が目安のよう


 申し込みは名前や生年月日、携帯電話番号、メールアドレスを入力。外貨の送り先の住所などを記入します。後は両替する通貨を設定するだけ。一度に両替できる金額は日本円で10万円以下。1ヵ月30万円まで利用することができます。最低利用金額は、英ポンドの場合は100ポンド以上10ポンド単位。私は150ポンドを両替しました。米ドルは100ドル以上、ユーロも100ユーロ以上と、1万円以上のキリのいい数字が目安のようです。

あらかじめ100、300、500の単位が設定されているが、直接入力を選ぶこともできる
あらかじめ100、300、500の単位が設定されているが、直接入力を選ぶこともできる


決済は通貨選択後 30 分以内に。タイミングがずれると申し込み時の為替レートが変わる可能性もあるので注意
決済は通貨選択後 30 分以内に。タイミングがずれると申し込み時の為替レートが変わる可能性もあるので注意


 チャージや決済などの情報は、LINEのトーク画面で情報を見ることができます。決済後、すぐに取引完了のお知らせが届いたので安心できました。外貨は基本、この申し込みの翌営業日に発送されます。

『LINE Pay』の取引は、LINEのトーク画面で確認できる
『LINE Pay』の取引は、LINEのトーク画面で確認できる


 私は2月23日から出発するのに、2月19日に申し込んだので、間に合うかドキドキでしたが、無事、22日に外貨が入った簡易書留を受け取ることができました。なお空港での受け取りを選ぶ場合は、申し込み日の翌 4日目以降になります。いずれも余裕を持って申し込むことをおすすめします。

LINE FRIENDSのキャラクター、レナードが描かれたかわいい封筒で届いた!外貨は現金書留では送れないみたいで、簡易書留で送られてきました。なお写真は140ポンドしか写っていませんが、ちゃんと150ポンド届いています。撮り忘れです(汗)
LINE FRIENDSのキャラクター、レナードが描かれたかわいい封筒で届いた!外貨は現金書留では送れないみたいで、簡易書留で送られてきました。なお写真は140ポンドしか写っていませんが、ちゃんと150ポンド届いています。撮り忘れです(汗)


今回、キャンペーンで為替手数料の1542円が優遇された。お得!
今回、キャンペーンで為替手数料の1542円が優遇された。お得!


 さて出国当日、成田空港の外貨両替所でレートを見ると、ポンドは出発ロビーで160.52円、出国後エリアで160.47円でした。これまでの調査によると、レートは出国後エリアの方が安く、比較的、窓口も空いています。ただ安いと言っても、今回の場合、0.05円しか変わらないので、150ポンドを両替しても7.5円しか変わりません。ただ、『LINE Pay外貨両替』のレートは159.68円だったので、優遇がなかったとしたら1ポンドにつき0.79円安く、150ポンドでは118.5円が得できた計算になります。

2月23日9:30時点の成田空港出国後エリアの外貨両替所のレート
2月23日9:30時点の成田空港出国後エリアの外貨両替所のレート


 今回、『LINE Pay外貨両替』を使ってみた感想は、意外と便利だったということ。海外に出発する日は何かとソワソワするので、事前に外貨を両替しておけるのは安心。為替の動きを見ながら、安いタイミングを狙って両替しておくこともできます。街ナカの対応している銀行でも両替することはできますが、わざわざ出掛けるのは面倒。自宅や職場に配送してもらえるのは、とても便利です。ただ配送料がかかってしまうと結果的に高くなるので、友達の分も一緒に両替するなどして、5万円以上にして、配送料を無料にすると良いかなと思います。

 今回、初めてイギリスに行ったので、ポンドの紙幣を見るのも初めて。事前にどんなお金かちゃんと確認できたのも良かったです。旅行がより楽しみになりました。とはいえイギリスは物価が高くて、両替した150ポンドはあっという間になくなりましたが……。また次回の海外旅行で、『LINE Pay外貨両替』を利用したいと思います。


執筆したデジージョ:綿谷 禎子
執筆したデジージョ:綿谷 禎子

※あわせて読みたい:海外旅行で余ったコインを電子マネーにする方法
《綿谷 禎子》

関連ニュース

特集

page top