カーリング女子・吉田選手、戦力外通告の過去明かす「一人旅に出て…」 | RBB TODAY

カーリング女子・吉田選手、戦力外通告の過去明かす「一人旅に出て…」

エンタメ その他

(c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
  • (c)Getty Images
 平昌五輪で銅メダルを獲得したカーリング女子代表のLS北見のメンバーが、5日放送の「中居正広のスポーツ!号外スクープ狙います!」(テレビ朝日系)に出演。その中の一人、吉田知那美選手が驚きの過去を明かした。

 前回のソチ五輪の日本代表チームになったのは、その時吉田選手が在籍していた北海道銀行。当時の日本女子勢最高タイの5位入賞を果たした。

 ここで中居が、「今までのチームでまた平昌めざそうとはならなかったんですか?」と吉田選手に聞くと、彼女は「うんと……」と言いかけると笑い出してしまった。中居は「そんな面白い話しました?」と言ったのだが、なかなか続けて話そうとしない。

 ここで割って入ったのがキャプテンの本橋麻里選手。「私が誘いました。いろいろあって、このメンバーでやろうということになって」と説明。だが中居は「その“いろいろ”が聞きたい」と迫ると、吉田選手はついに、「『戦力外2014』みたいな感じで力が足りず、自由契約みたいな感じになった」とかつてのチームから外された過去を明かすと、スタジオからは「エーッ!?」とどよめきが。

 中居が「メンタル的にやられちゃいますよね」と気持ちを寄せると、吉田選手は「いろんな方からメッセージや電話もあったが、連絡をとりたくなくて…一人旅に出て」と言うと、さらに驚きの声があがった。

 そして吉田選手は、本橋選手からの打診を一度は断ったものの、「時間が経つうちに、やっぱりもう一度挑戦したいなと思って、私のほうから仲間に入れてください」とチームに合流することを決めたという。中居はそんなチーム作りを進めてきた本橋選手に対し、「ゼロからの発進ですもんね」と話していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top