バルセロナ スタートアップの祭典に「日本パビリオン」が誕生……注目を浴びた技術と製品は【MWC 2018】 3ページ目 | RBB TODAY

バルセロナ スタートアップの祭典に「日本パビリオン」が誕生……注目を浴びた技術と製品は【MWC 2018】

IT・デジタル スマートフォン
4YFNの会場に日本パビリオンを呼び込んだ立役者であるアクアビット スパイラルズの萩原氏
  • 4YFNの会場に日本パビリオンを呼び込んだ立役者であるアクアビット スパイラルズの萩原氏
  • バルセロナ市内で開催されている4YFNは今年も大いに賑わった
  • アクアビット スパイラルズのスマートプレート
  • QRコードやNFCタグなどにかざせば検索ワードを入力しなくても目的の情報へ素速くリーチできる
  • 解析ツールも提供している
  • ネインのスマートイヤホン「Zeeny」
  • Android/iOSに対応を予定
  • スマホに届いた通知を読み上げてくれる

州をあげてスタートアップを支援するカタルーニャ



 スペイン・カタルーニャ州はスタートアップの支援に対して非常に積極的だ。毎年4YFNとMWCの会場に地元カタルーニャから数多くのスタートアップが出展している。その数は今年4YFNに20社以上、MWC会場の出展社は100を超える規模になる。

4YFNにはカタルーニャ州政府貿易投資事務所が呼びかけた20社が集まる
4YFNにはカタルーニャ州政府貿易投資事務所が呼びかけた20社が集まる


 企業活動を積極的に支援しているのはカタルーニャ州政府貿易投資事務所だ。4YFNへの出展をマネージメントしている代表者である同所のJordi Aguasca氏にインタビューした。

カタルーニャ州政府貿易投資事務所のAguasca氏
カタルーニャ州政府貿易投資事務所のAguasca氏


 同所が4YFNにカタルーニャ州の有望なスタートアップを集めて参加をはじめたのは2013年から。「政府としてはカタルーニャ州で生まれたスタートアップの種が大きく育つよう、海外進出も含めたバックアップをおこなっています。4YFNやMWCのような展示会に出展して強力なコネクションをつくってもらえるように団体での出展も呼びかけています。これまでに数々のイベントに参加してきたスタートアップによるネットワークが今では確かな形を成しています」(Aguasca氏)。

カタルーニャのスタートアップ、Brai Bookが開発した視覚障害者のための電子書籍リーダー支援ツール
カタルーニャのスタートアップ、Brai Bookが開発した視覚障害者のための電子書籍リーダー支援ツール


カタルーニャを世界のスタートアップのハブに



 同所が目指すゴールは、カタルーニャの先進技術と人材を世界に発信すること。スタートアップが足場を固められるよう、投資家とのコネクションづくりにも積極的に応援の手をさしのべている。また世界各地のスタートアップをバルセロナに集めて“スタートアップのハブ”をつくることも彼らの重要な狙いの一つだ。カタルーニャ州政府貿易投資事務所としては、いま世界各地に40を超えるオフィスを展開している。日本も東京にコンタクトを設けている。Aguasca氏は「これからもカタルーニャ初のイノベーションを世界に届けたい」と熱っぽくインタビューに答えてくれた。

MWCのカタルーニャ州の展示はもっと大規模だ
MWCのカタルーニャ州の展示はもっと大規模だ


フランスのエアバス社がヨーロッパのスタートアップを集めてグループ展示を組織していた
フランスのエアバス社がヨーロッパのスタートアップを集めてグループ展示を組織していた



※開発者に聞く、Xperiaのデザイン刷新
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top