乃木坂・生駒、自然薯掘りのロケで本音「白石麻衣ちゃんはやらない」 | RBB TODAY

乃木坂・生駒、自然薯掘りのロケで本音「白石麻衣ちゃんはやらない」

エンタメ その他

生駒里奈(撮影:竹内みちまろ)
  • 生駒里奈(撮影:竹内みちまろ)
 23日に放送された『沸騰ワード10』(日本テレビ系)に乃木坂46・生駒里奈が出演。自然薯掘りのロケに対し「絶対、白石麻衣ちゃんとかはやらない」と発言した。

 生駒は大のマンガ好き。愛読書である「美味しんぼ」で、自然薯の中にアワビをすって混ぜると絶品の「とろろ汁」ができることを知っていた彼女は、静岡のタケノコ王・風間直宏さんに、自然薯掘りの協力を依頼。

 風間さんは100本に1本しか採れない幻の「白子タケノコ」の量産に成功し、1億円稼いだスゴ腕農家。生駒は以前にも彼に「美味しんぼ」のメニューの再現をお願いし、成功してきた。そこで今回もわがままをリクエストしたのだ。

 生駒に頼まれた風間さんは10年に1本採れるかどうかの超ロングの自然薯を掘ろうと奮起。生駒と一緒にいつものタケノコ山に入り、オバケ自然薯の目印であるという「太いツルと、細長いハートマークの葉っぱ」を探すこと1時間。ついにそれらしきツルを発見。「キター!」と歓喜した生駒はおもむろにスコップを手に土の中を掘り出した。

 そこでディレクターが「乃木坂46の人のこんな姿見たことない」と一言。すると生駒はひたすら掘りながら、「絶対、白石麻衣ちゃんとかはやらない。西野七瀬ちゃんとか、やらないから」と本音を漏らしていた。

 掘り続けること1時間、オバケ自然薯が現れたが、それを生駒は無残にも真っ二つに折ってしまうという大失態を犯してしまった。

 そこで風間さんは別の農家に協力要請。最終的には生駒の身長ほどの巨大自然薯を見つけた。アワビをすって自然薯に混ぜ、とろろ汁を試食した生駒は「超おいしい」と絶賛していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top