日馬富士の暴行事件に、アンガ・山根「暴力は絶対なし!」 | RBB TODAY

日馬富士の暴行事件に、アンガ・山根「暴力は絶対なし!」

エンタメ その他

日馬富士の暴行事件に、アンガ・山根「暴力は絶対なし!」
  • 日馬富士の暴行事件に、アンガ・山根「暴力は絶対なし!」
 22日放送の『バイキング』(フジテレビ系)では、横綱日馬富士が幕内貴ノ岩に暴行を加えて負傷させた問題について特集。後輩への指導のための“愛のムチ”の是非が問われる中、アンガールズの山根良顕は「暴力は絶対なし!」と持論を展開した。

 番組では、白鵬が貴ノ岩に生活態度を注意している最中に、スマホを操作しようとし、注意した日馬富士を貴ノ岩がにらみつけるなど反抗的な態度を取ったことから、日馬富士が暴行をしたと解説。MCの坂上忍は、今は“愛のムチ”が肯定されてきた時代からの端境期であり、芸能界においても同じことが言えると疑問を呈した。

 これについて、美川憲一は「殴るのもときにはしょうがない」と“愛のムチ”を肯定。その理由として、以前態度が悪かった付き人に平手打ちをし「痛かったら辞めていいわよ。この世界はちゃんとした根性がなかったら大成できないわよ」と叱ったのちに、今は非常にいいマネージャーに育ったというエピソードを披露した。

 山根は「僕は絶対になし!暴力で解決できることはない」とキッパリ。「後輩の態度が悪くて、お酒を飲んでる時にツバをかけられたこともあるけれど、こういう奴はいなくなるだろうなって思って注意する気も失せた」と過去を振り返り、後輩の無礼な態度にも決して手は出さなかったことを激白した。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top