吉田羊、玉木宏とのキスシーンで思わず「一瞬素になった」と告白! | RBB TODAY

吉田羊、玉木宏とのキスシーンで思わず「一瞬素になった」と告白!

エンタメ その他

橘志帆役:吉田羊≪撮影:中尾真二≫
  • 橘志帆役:吉田羊≪撮影:中尾真二≫
 20日放送の『A-Studio』(TBS)に、女優の吉田羊が出演。自身が主演を務める映画『ラブ×ドック』で、玉木宏とのキスシーンについて語った。

 2018年に公開予定の映画『ラブ×ドック』は、鈴木おさむが初監督を務める作品であり、主演の吉田と野村周平・吉田鋼太郎・玉木らが演じる3人の男性との恋愛模様を描いた作品である。

 恋愛映画という事もあり、ラブシーンも多いとのことだが、笑福亭鶴瓶からは「どこまで私生活が出るの?キスシーン」「舌とかどうなってんの?」と、やたらとキスシーンについて興味津々に質問が。

 これについて吉田は「役でやっているので、イヤっていう気持ちにはならないんですよね」「その時は、ちゃんと恋をしているので」と、女優らしく返答。

 しかしながら、鶴瓶から「玉木宏さんの時は?」と質問されると、「玉木さんの時は正直びっくりしましたね」「結構、肉食系のキスだったんですよ」と、玉木の意外なキスに驚いたのだという。

 というのも「玉木さんの役がそういう役だったので」と玉木の役柄ゆえの事だったそうだが、「もちろん台本には肉食的なキスをするなんて書いてないので、私としては一瞬素になりましたよね。『ハッ!そんなに来るのか』」と、さすがの吉田も素にもどる程だったと笑いながら明かしていた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top