3年前に決めていた?auが踏み切った「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」での3G通信非対応 | RBB TODAY

3年前に決めていた?auが踏み切った「iPhone 8/8 Plus」「iPhone X」での3G通信非対応

IT・デジタル モバイル

au
  • au
  • iPhone 8/8Plus (C)Getty Images
  • iPhone X  (C)GettyImages
 auが踏み切った「iPhone 8/8 Plus」および「iPhone X」での3G通信非対応が話題になっている。

 同社は、2014年に開催した「au VoLTE」の発表会終了後、2020年をめどに3G通信を "終息" する宣言を行った。もちろん、これは同社のLTE維持率が99.9%という高い水準を保っていることに対する自信の表れではあるものの、ユーザーとしては旅先や山間部など、"残り0.1%"が存在する点に対する不安感は拭いされないだろう。

 フタを開けてみなければわからないことだが、iPhone 8/8 PlusおよびiPhone Xに対するユーザーの期待度は高いことが予想される。そこに来てこのニュースは、同社評価に対する大きなマイナスポイントであることは否定できない。特に、iPhone 8/8 PlusおよびiPhone Xがともに仕様上、3G通信に対応するにも関わらず、au側の都合でそれをサポートしないというのは、購入を検討しているユーザーにとって憤りを感じる部分もあるのではないか。

 実は、こうした状況の前ぶれとまでは言えないものの、同社はMVNO各社に対して3G通信を開放していない。公式の声明はないものの、いずれ消えゆくものなのだから、初めから提供する意思がなかったと言われても仕方がないだろう。今回の3G通信非対応を聞いたユーザーからは、「なんだかんだで、3Gになるときもある」「都内でさえ1日に何回も3Gに落とされる」「沖縄では大きな問題になるかもしれない」など、同社の決定に対して不満の声が多く聞かれる。ライバル各社が3G通信に対応する中で、独自路線を歩むau。今後、こうしたユーザーの声を聞き入れる準備はあるのかに注目が集まる。
《Tsujimura》

関連ニュース

特集

page top