「吐いてでも食べろ!」豊田議員の元秘書が明かす恐るべき本性に、国分太一も「ゾッとする」 | RBB TODAY

「吐いてでも食べろ!」豊田議員の元秘書が明かす恐るべき本性に、国分太一も「ゾッとする」

エンタメ その他

 20日、TBS系「ビビット」で、豊田真由子衆院議員に暴言を吐かれた元秘書ら3人の関係者が座談会を開いた。会見では明らかにされなかった豊田議員の本性に、司会の国分太一が「ゾッとする」と話した。

 先日行われた豊田議員の謝罪会見。番組ではその会見を、元秘書歴数年の男性加藤さん、元秘書歴半年の田中さん、元後援会役員の小島さん(3人とも仮名)に見てもらった。感想として「釈明というより自己弁護、自己擁護。謝ってない」(加藤さん)、「何を釈明したか意味が分からなかった」(田中さん)、「場に慣れてくるとちょっと地が少しずつ出始めた」(小島さん)と、それぞれ違和感を覚えたという。

 なかでも3人が「違うだろ」と感じたのは「暴言」の有無。秘書歴数年の加藤さんは「『死ね』というのはめったになかったが『バカ』は年中あった。『バカじゃないの』とまで言われました」と語った。

 秘書歴半年の田中さんは、ある出来事が忘れられないという。豊田議員は食べ物を残すのが嫌いで、相手にも食べ切ることを強く要求するのだとか。ただある時どうしても食べきれず、「さすがに無理です。これ以上食べられません」と謝った田中さんに対し、豊田議員はグラスをテーブルに叩きつけて割り、「吐いてでも食べろ!」と怒鳴ってきたこともあるという。

 また、豊田議員が指示したことを忘れた時に、3歳の娘がいる田中さんに向かって、「娘の顔にマジックで(指示されたことを)書いておけば忘れないだろ!」と暴言を浴びせてきたこともあったという。「そうした家族をだしに出して罵るというのは彼女の常とう手段」とも語っていた。

 国分太一はこれら関係者の証言をを受けて、「二面性があるのかな」と推察しながらも、豊田議員の知られざる一面をさらに知り、「ゾッとする」と話していた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top