IKKOが明かす「どんだけ~」ポーズ誕生秘話 | RBB TODAY

IKKOが明かす「どんだけ~」ポーズ誕生秘話

エンタメ その他

IKKO(撮影:野路敬生)
  • IKKO(撮影:野路敬生)
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 2日に放送された『サワコの朝』(TBS系)に美容家のIKKOが登場。一世を風靡した「どんだけ~」の誕生秘話を明かした。

 もともと「どんだけ~」という言葉は、新宿2丁目で流行っていたものだったと語るIKKO。46歳のとき『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。そこで話を振られたのだが、「どんだけ~」と言葉だけ言おうとしたところを極度の緊張でなぜか人差し指を1本立てていたのだという。さらにその指を左右に揺らすというのも、緊張で手が震えてしまったからだとIKKOは語った。「それで、どんだけが面白いってなって」流行り始めたという。

 その後、「めげない、めげない」「まぼろし~」「背負い投げ~」など数々の流行語を生み出していったという。独特のイントネーションで名フレーズを作るIKKOに対し、MCの阿川佐和子は「この人は何なんだろう」と不思議がっていた。
《小磯秀夫》

関連ニュース

特集

page top