松村沙友理、映画『あさひなぐ』で監督の言葉に「心が折れそうに」 | RBB TODAY

松村沙友理、映画『あさひなぐ』で監督の言葉に「心が折れそうに」

エンタメ 映画・ドラマ

映画『あさひなぐ』鏡割りでヒット祈願
  • 映画『あさひなぐ』鏡割りでヒット祈願
  • ブラックのドレスで登場した乃木坂46メンバー
  • 映画『あさひなぐ』完成披露イベント
  • ブラックのドレスで登場した乃木坂46メンバー
  • ブラックのドレスで登場した乃木坂46メンバー
  • ブラックのドレスで登場した乃木坂46メンバー
  • 西野七瀬
  • 西野七瀬
 映画『あさひなぐ』完成披露上映会イベントが8月28日に行われ、西野七瀬、白石麻衣はじめ乃木坂46メンバー6名と富田望生、英勉監督が登壇した。

 『あさひなぐ』は「なぎなた部」で奮闘する女子高生たちを描く、同名人気コミックを原作とした青春なぎなたエンターテインメント。劇中では、制服や袴姿の彼女たちだが、この日はエレガントなブラックのドレス姿で登場した。

 なぎなたの稽古は、今年の年明けから始め、撮影期間中も並行して行っていたという。今作が映画初主演となる西野は、「なぎなた自体も重くて扱うのが大変やったし、足の裏の皮がめくれそうになったり、腕が筋肉痛やったりとかいろいろ苦労したけど、なぎなたを知ることが出来たし、身をもって教わることができてすごく良い経験になった」と振り返り、その他のメンバーも撮影の思い出を語っていった。

 辛辣な喋り方のキャラクターを演じた桜井玲香は、「監督が試合中にもっと暴言を吐いてくれ、もっと相手を罵ってくれ、って言うので、(なぎなたと暴言)どっちに集中したらいいかわからなくなって大変でした」と戸惑ったことを告白。

 松村沙友理は、試合シーンの撮影前日に監督がその内容を変えると言い出したため、心が折れそうになったという。「試合シーンはけっこう重要なので、1か月前から試合シーンのなぎなたをずっと練習してたんですけど、前日に監督さんに全部変えられて、これはさすがに明日撮影できないかもって思って一瞬涙がでました(笑)」と裏側を明かした。

 エース・宮路真春を演じた白石は、「なぎなた指導の先生に『真春ちゃんだけ厳しくビシバシいくからね』って言われて。ヤバイなって心が折れそうになったんですけど、なぎなたをやっていくとすごく楽しんですよ。出来てくると嬉しくて、全然苦ではなかったです」と笑顔で振り返った。

 部長役を演じた伊藤万理華は、「乃木坂でのポジションも全然そういうポジションにいないし、むしろ(仕切るのは)やらないタイプなので、私が部長役をやるってなったときにまずビックリしました。その気持ちが一番わかるのは(乃木坂の)キャプテンかなと思ったので、けっこう相談にのってもらってました」とコメント。

 乃木坂キャプテンの桜井は、伊藤が演じた役に「一番感情移入する。悩みがわかりすぎちゃって、苦しい。だからそれだけ部長を演じきれていたんだと思う」と評価した。

 生田絵梨花は、「なぎなたの手数がとても多かったので、覚えるのがすごく大変でした。その形を身体に写す前にまずは頭で暗記して、それから行動に移す。ずっと勉強しているような気分でした」と苦労を語った。

 一方、主要キャストの乃木坂メンバーの中に入り、同じ部員の一員を演じた富田。原作のままの大柄の役として声をかけてもらえたことに「素直に嬉しかった」と述べ、「ほんっとうに、ものすごく優しいんです」と乃木坂メンバーをべた褒めした。

 西野は、「旭が憧れの先輩の真春を呼び出して、ちょっと食って掛かるようなシーンがあるんですけど、そこが好きで。旭の決意した表情とかを見て欲しい」とお気に入りのシーンをあげると、真春役の白石も「旭、決まってるなぁ、と思って。めちゃくちゃかっこよかったです」と太鼓判を押した。

 ラストは、スポーツドリンク入りの大きな樽を囲み、鏡割りでヒット祈願。映画『あさひなぐ』は9月22日全国ロードショー。
《non》

関連ニュース

特集

page top