橋本マナミ、宮迫の「ホテルで一線超えてない」釈明に疑問「女性は覚悟してる」 | RBB TODAY

橋本マナミ、宮迫の「ホテルで一線超えてない」釈明に疑問「女性は覚悟してる」

エンタメ その他

橋本マナミ <撮影 鶴見菜美子>
  • 橋本マナミ <撮影 鶴見菜美子>
  • 宮迫博之(撮影:編集部)
 今月8日に週刊文春から不倫疑惑をスクープされた雨上がり決死隊・宮迫博之。11日放送の『バイキング』(フジテレビ)では、宮迫本人が生出演し騒動の経緯を自らの口で説明したが、その歯切れの悪さに橋本マナミから厳しい意見が飛び出す場面があった。

 宮迫はホテルに女性と宿泊したこと、その際に下心があったことはすんなりと認めたものの、女性側から断られたため一線は超えていないと主張。この宮迫の説明に納得できない様子で口を開いたのが橋本だった。

 橋本は「正直宮迫さんのこと大好きだから擁護したいなって思ったですけど」と同じバイキングメンバーとしての友情を口にしたものの、「(女性と)ふたりでホテルに入って、何もないっていうのは.....」と疑問を。また、女性が男性とホテルにふたりきりで入るときには「(そういう関係になることを)覚悟している」はず、と女性の立場から意見した。

 一方宮迫は、スクープされた女性とは一回うまくいかなかったこともあり、「チャレンジ」の意味で積極的に口説いたものの失敗したと告白し、自身がお酒を呑むと女性に迫る行動をとりがちだと説明。宮迫は橋本と呑んだ際に橋本に対しても、「手の甲側でもいいからおっぱい触らせてくれ」と本気で言ってしまったが「1mmも触らせてもらえなかった」と振り返ると、お酒を飲んだ際自身が「調子に乗ってしまう」性格を反省する様子を見せた。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top