陣内智則、少年時代を告白!姉のパンツとブラを身に着けて…… | RBB TODAY

陣内智則、少年時代を告白!姉のパンツとブラを身に着けて……

 お笑いタレントの陣内智則が8日放送の『ザ!世界仰天ニュース3時間SP』(日本テレビ)に出演。小学生の時に姉の下着を身に着けたことがあると告白した。

エンタメ その他
陣内智則(撮影:編集部)
  • 陣内智則(撮影:編集部)
 お笑いタレントの陣内智則が8日放送の『ザ!世界仰天ニュース3時間SP』(日本テレビ)に出演。小学生の時に姉の下着を身に着けたことがあると告白した。

 陣内によれば、実家は台所の真横が脱衣場なしのお風呂という作り。そのため家族がお風呂に入る時は、台所で服を脱ぐのが恒例だったのだという。しかし5歳上の姉が年頃になると、姉だけは下着を風呂の中で脱ぐように。陣内が小学校4年のある日、いつものように風呂にはいると、なんと姉が脱いだ下着をそのまま風呂に残したままだったのだそう。それを見つけた陣内少年は「ぱっと(パンツを)はいてみた」とあろうことか姉のパンツを身に着けてみたと告白。さらに面白くなってしまった陣内は、ブラジャーも身につけることにしたのだという。この告白にスタジオからは「上まで!?」と陣内少年の変態ぶりに驚きの声があがった。

 ところが陣内少年の変態への第一歩は意外な形で未遂に。普段は2、3分で風呂からあがってくる陣内少年が、「20分も30分も出てこない」ことを心配した母親は「智則、大丈夫か!」と風呂の扉をオープン。陣内はまさにブラのホックをはめようとした瞬間を見られてしまったことを告白した。その後、「家族会議が開かれました」と陣内。スタジオは陣内らしい少年時代の逸話に爆笑となった。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top