亀田興毅、素人4人とのボクシング対決企画を一度は断っていた! | RBB TODAY

亀田興毅、素人4人とのボクシング対決企画を一度は断っていた!

エンタメ その他

亀田興毅(C)GettyImages
  • 亀田興毅(C)GettyImages
 8日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ)に、元ボクシング世界チャンピオンの亀田興毅が出演。インターネットテレビ放送局AbemaTVが企画・放送した『亀田興毅に勝ったら1000万』という素人4人とのボクシング対決の裏側を語った。

 企画の内容は、全国から集まったケンカ自慢達が亀田にボクシングで真剣勝負を挑み、亀田に勝てば1000万円がもらえるというもの。企画には喧嘩無敗のホストや元暴走族の総長などが参加し、試合当日はAbemaTV歴代最高の視聴率を記録するほどの注目ぶりだったという。

 試合では4人の挑戦者との対戦でいずれも勝利をおさめ元・世界チャンピオンとしての実力を見せた亀田だったが、実は依頼を受けた当初は「これちょっとリスクしかないなって断ったんです」と引退後のブランクなどを考慮し断っていたことを告白。しかし、その後、企画としての面白さやボクシングを世に広めたいという思いから引き受けたのだと明かした。

 思い切って企画に参加した亀田だが、企画までの練習期間はたったの3週間しかなかったそうで、久しぶりにランニングを始めたものの「次の日もう起きれなかったです」「全身筋肉痛ですよ」と態勢を整えるまでには相当苦労したのだそう。

 さらに、試合中2人目との対戦終わりに足がつるというハプニングも。「3試合目4試合目の時は控室で毎回脚冷やしてもらって、だましだましやっていた」と過酷な試合状況だったことも明かした。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top