ノブコブ吉村とロバート秋山が「タテ読み」に挑戦!チュート徳井がお題でボケなど番宣に奔走 | RBB TODAY

ノブコブ吉村とロバート秋山が「タテ読み」に挑戦!チュート徳井がお題でボケなど番宣に奔走

エンタメ その他

(c)TBS
  • (c)TBS
  • (c)TBS
 28日16時からTBS系列で放送される『お取り寄せレストラン 今すぐ食べたくなる!おいしい1時間』では、北海道と九州のお取り寄せグルメが多数登場する。

 食の宝庫である北海道と九州のお取り寄せグルメの魅力を、地元出身タレントたちが"レストランの支配人"である千原ジュニアらに熱烈プレゼンし、フルコースを食べてもらうという同番組。番組収録後には、出演する平成ノブシコブシ(吉村崇、徳井健太)、バービー(フォーリンラブ)、馬場裕之(ロバート)がプロデューサーに呼び止められ、番組の宣伝のために「無茶ぶり」をされた。

 まず、吉村と馬場は「新聞のテレビ欄を書く」という無茶ぶりを受けた。テレビ欄とはラテ欄とも呼ばれ、近年ではタテに読むと隠れたメッセージがあるという「タテ読み」がネット上で話題になることも多い。タテ読みブームの火付け役と言われる北海道放送のこれまでのタテ読みに負けじと、2人はそれぞれ奮闘し、馬場が料理のうんちくを利用したタテ読みを作った。果たして、当日のテレビ欄に掲載されるのかにも注目だ。一方、バービーは「お取り寄せ」をテーマに一発芸を見せ、徳井は「こんなお取り寄せは嫌だ」というお題でボケを披露。馬場は、「番宣の企画なのに、一番汗をかいた・・・」と愚痴をこぼしていた。この様子は、番組公式HP(http://www.hbc.co.jp/tv/info/otoriyose/)などで動画が配信中。『お取り寄せレストラン 今すぐ食べたくなる!おいしい1時間』は28日16時からTBS系列で放送。
《Tsujimura》

編集部のおすすめ記事

特集

page top