広瀬すず、大原櫻子は「なんでなんでマンです」 | RBB TODAY

広瀬すず、大原櫻子は「なんでなんでマンです」

エンタメ その他

大原櫻子【写真:竹内みちまろ】
  • 大原櫻子【写真:竹内みちまろ】
  • 大原櫻子(撮影:竹内みちまろ)
 歌手・女優の大原櫻子が22日放送の『メレンゲの気持ち』に出演した。

 17歳で映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の佐藤健の相手役として女優デビュー。2015年には紅白にも出場、最近ではソフトバンクのCMにも広瀬すずと一緒に出演するなど幅広い活躍をみせている。

 大原はそんな広瀬とは大親友で、プレイベーでも2人で京都旅行へ行くほどの仲だという。広瀬はこの日VTRで出演、「仲良くなる前から歌を聴いていて、すごい歌うまい人だなと思っていて、同世代でスゴいと思って、好きだった」と大原との出会いを振り返った。

 大原の意外な一面について、広瀬は「たまに出る毒がいい」とコメント。「飾らない性格なので、なんでと思ったら、なんで?と、ちゃんと伝える」として「何か相談するとなんでなんでマンになる」と話した。「さくちゃん(大原櫻子)は気になるから、何ですか?それ、どういうことですか?話してもらっていいですか?ってなる。それが悪い感じじゃない」と話した。一緒にステーキをよく食べに行くという2人。「すずもちゃんとなんでなんでマンになったほうがいいよ」と言われたと告白した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top