曙と相原勇が20年ぶりの対面!曙、スタッフに「ふざけるな、ボケ!」と怒号も | RBB TODAY

曙と相原勇が20年ぶりの対面!曙、スタッフに「ふざけるな、ボケ!」と怒号も

エンタメ その他

 31日放送の『今夜解禁!ザ・因縁』(TBS)で、婚約破棄で話題となった相原勇と曙が当時から20年の歳月を経て因縁の再会を果たす様子がVTRで公開された。

 曙と相原勇は20年前、互いを「全部好き」と言い合い、結婚間近と言われるほどの関係だった。結婚を意識し、相原は当時8本抱えていたというレギュラーも降板。曙は当時不調続きだったが、相原は「優勝したら結婚」という言葉を信じ、その後曙は優勝。相原はプロポーズの言葉を待ったものの、逆に曙が「結婚するつもりはない」と言うのを目にし、さらに一方的に連絡もとれなくなったのが最後だったという。

 この日それ以来20年ぶりとなる対面を果たしたふたり。会話が当時におよぶと、相原は「どうしてあの時、きちんと別れを告げてくれなかったの」と一方的に去られたことを問い詰めるも、曙は「俺は別れた、って伝えたつもりだ」と声を荒げた。曙によれば、当時相撲において不調だったにもかかわらず、相原があまりにも結婚を迫りすぎたことが心が離れる原因だったという。別れを本人の口から伝えられた覚えは無い、「優勝したら結婚と言っていたのに」と繰り返す相原に「なんで結婚を1回おいて、相撲を頑張ってと言ってくれなかった」「(相撲の世界は)ひとりで決めれるものじゃないんだよ!」と当時の心中を明かす曙の会話はすれ違い続け、一時は曙が興奮、スタッフに「ふざけるな、ボケ!」と怒号を飛ばし、対談場所をあとにする場面も。

 相原は破局以来テレビで当時のことを暴露し続けたが、曙は「どれだけボロクソいわれたか知ってる?『この女の人だれ?』ってどれだけ(子どもに)言われたと思ってる?」と相原の存在は曙の家族にすら暗い影を落としたと告白。それでも「別れを相手に伝わるまで伝えるべき」と主張は譲らなかった相原だったが、思いをぶつけあったからか、最後は「すごくスッキリしてる、本当に会えて良かった。ごめんね、嫌な思いもさせたね」と笑顔で謝罪の言葉まで口にした。この言葉に曙も「会ってよかった」と笑顔でうなずき、今後はかつての破局騒動については公言しないことを約束して対談は終わった。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top