活動自粛中だった「夢アド」の山田朱莉、グループ卒業を発表 | RBB TODAY

活動自粛中だった「夢アド」の山田朱莉、グループ卒業を発表

今年1月に「重大な規約違反」のため活動自粛が発表されていたアイドルグループ「夢みるアドレセンス」(以下、夢アド)の山田朱莉が31日、同日をもってグループを卒業することが明かされた。

エンタメ 音楽
活動自粛中だった「夢アド」の山田朱莉、グループ卒業を発表
  • 活動自粛中だった「夢アド」の山田朱莉、グループ卒業を発表
  • 活動自粛中だった「夢アド」の山田朱莉、グループ卒業を発表
  • 活動自粛中だった「夢アド」の山田朱莉、グループ卒業を発表
  • 活動自粛中だった「夢アド」の山田朱莉、グループ卒業を発表
  • 活動自粛中だった「夢アド」の山田朱莉、グループ卒業を発表
 今年1月に「重大な規約違反」のため活動自粛が発表されていたアイドルグループ「夢みるアドレセンス」(以下、夢アド)の山田朱莉が31日、同日をもってグループを卒業することが明かされた。

 公式サイトでは活動自粛となった1月から今日まで本人とスタッフで話し合いを重ねてきたことを明かし、「結論としては、このタイミングで卒業という形で彼女を見送ることが、彼女にとって最良と判断し、本日の発表に至りました」と報告した。

 山田は「いつも全力で応援してくださったみなさん、本当にありがとうございました! どんなわたしでも、ばかなわたしでも、がむしゃらにやってみるけどどうしてもへっぽこなわたしなんかを真っ直ぐにみてくれて、心から応援してくださったみなさんのことが、本当に本当にだいすきでした!」とファンへの感謝をコメント。続けて、2012年の夢アド結成前から一緒に歩んできたメンバーに向けては「あたりまえだけど、たのしいこと、つらいこと、いーっぱいあって。でもそれはこのメンバーと一緒だったから、わたしは今までがんばってこれたと思っています。メンバーと1:1で、ちょっと深いお話ができるのも、すごく嬉しかったなぁ、わたし1人なんかじゃないんだなぁって思えたし、わたしにゎこんな最高な、一緒にいてすっごい楽しいメンバーがいるんだ! って思えた。メンバーがいるから、メンバーも一緒にたちむかってくれるから、わたしも前をむけていました。ほんっとうに今までありがとう。こんな形でさいごになっちゃってごめんね」とつづった。

 先日、3月22日には、メジャーデビュー以降2年間でリリースした8枚のシングルを収録したベストアルバム「5」をリリースしており、事実上メンバー5人体制での活動を総括する最後の作品となった。

 そして、本日21時から夢アドの荻野可鈴、志田友美、京佳の3人が、LINE LIVEで番組生配信を行う事がアナウンスされた。残されたメンバーが何を語るのか注目が集まる。

 「夢みるアドレセンス」は“カワイイだけじゃダメなんですか!?” を合言葉に人気ティーンファッション誌モデルを中心として、荻野可鈴、山田朱莉、志田友美、小林れい、京佳の5人で2012年に結成。2015年にソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズからメジャ一デビューを果たした。なお、メンバーの小林は2016年10月から喉の治療に専念するため無期限の音楽活動休止を発表している。
《松尾》

関連ニュース

特集

page top