AKB48峯岸みなみ、指原をライバル視していた過去を告白「悔しくて会えなかった」 | RBB TODAY

AKB48峯岸みなみ、指原をライバル視していた過去を告白「悔しくて会えなかった」

エンタメ 映画・ドラマ

峯岸みなみ
  • 峯岸みなみ
  • 指原莉乃【写真:竹内みちまろ】
 AKB48の峯岸みなみが20日の『もしかしてズレてる?』(フジテレビ)に出演。指原莉乃をライバル視するあまり、会えなくなった時期があったことを明かした。

 峯岸はAKB48の1期生。前田敦子、高橋みなみらの同期が続々と卒業し、今年小嶋陽菜が卒業することから、唯一の1期生となるが、「今日もAKBの私として出てるので、AKBじゃなくなってただの1人のタレントになったらどうなのかなって」と卒業に対する不安を吐露。

 そして、同い年の指原莉乃の活躍を見ていてどう思うのかを問われると、「会うと悔しくて喋れなくなるから会えなかった」ととてもライバル視していた時期があったことを明かした峯岸だが、今では「差をつけられ過ぎて」と自虐的に語り、「頑張ってる、すごい」と尊敬していると明かした。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top