コンビニでスマホをかざすと商品情報や多国語表示に時代に!? | RBB TODAY

コンビニでスマホをかざすと商品情報や多国語表示に時代に!?

IT・デジタル その他

訪日外国人の増加で問題となりうる「商品購入の難度」を下げることも可能となる。セブン&アイが店舗と被験者、商品情報DBの提供を行い、NTTがアプリケーションの提供と技術サポートを行う(画像はプレスリリースより)
  • 訪日外国人の増加で問題となりうる「商品購入の難度」を下げることも可能となる。セブン&アイが店舗と被験者、商品情報DBの提供を行い、NTTがアプリケーションの提供と技術サポートを行う(画像はプレスリリースより)
 セブン&アイ・ホールディングスと日本電信電話(NTT)は11日、コンビニの陳列棚の商品をスマートフォンで撮影することで、スマートフォン側に多くの情報を表示できるシステムの共同実験を開始したことを発表した。

 NTTのAI技術corevo(コレボ)の「アングルフリー物体検索技術」を活用し、コンビニの陳列棚にスマートフォンをかざすことで、さまざまな商品の情報が表示される仕組みとなっている。包装紙などのスペースを専有せずに多くの情報を盛り込むことができ、原材料や食物アレルギーなどの表示をはじめ、外国人向けの母国語表記などへの応用が計画されている。

 実験期間は11月中旬から来年1月下旬まで。都内複数のセブンイレブン店舗での実験が予定されている。
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top