滞空時間15時間&最高高度4,500m!ガチな仕様の大型ドローン | RBB TODAY

滞空時間15時間&最高高度4,500m!ガチな仕様の大型ドローン

IT・デジタル セキュリティ

「Aerosonde」は国内でも火山活動調査などで使用された実績がある。「Aerosonde Mk4.7 SUAS」の価格は非公開だが、民間企業が何台も気軽に購入できるものではないことは確かだ(撮影:防犯システム取材班)
  • 「Aerosonde」は国内でも火山活動調査などで使用された実績がある。「Aerosonde Mk4.7 SUAS」の価格は非公開だが、民間企業が何台も気軽に購入できるものではないことは確かだ(撮影:防犯システム取材班)
  • 本体内部には様々な機器を搭載可能なスペースが確保されている。監視用無人航空機に最適なジンバルカメラを始め、LIDERや各種計測機器などの搭載が可能となっている(撮影:防犯システム取材班)
  • 機体下部には日中、夜間を問わずに対応できる複数の光学・赤外線カメラを組み合わせたジンバルカメラなどを取り付けることも可能となっている(撮影:防犯システム取材班)
 東京ビッグサイトで開催された「テロ対策特殊装備展'16」では、日常的にはあまり目にすることがない特殊な用途を担うUAV、UAS(ドローン)も展示されていた。

 今回紹介するのは、丸文が実機を展示していた大型の無人航空機「Aerosonde Mk4.7 SUAS」。

 米・TEXTRON Systems社の製品で、元はアメリカ合衆国海軍研究局、豪・エアロゾンデ社の流れをくむ大型無人航空機。火山活動や気象活動の計測で使用される実績を持つが、国内で実機が展示されることは非常に珍しい。

 飛行の際には射出機を必要とし、着陸回収時もネットでのランディングなどを要するなど、小型のドローンと比較すると運用形態も異なるが、その分、航行能力は非常に高い。オプションで垂直離着陸用ユニットが用意されている。

 ガソリンエンジンで駆動し、滞空時間は14~15時間、最高高度は4,500mという飛行性能に加えて、機体前部には様々な機器を搭載できる汎用スペースを備える。

 展示会の趣旨から、対象顧客としては、自衛隊、警察などの公共機関や、重要インフラ施設を有する企業などを想定している模様だ。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top