忘年会や新年会で一躍ヒーローに!? 高輝度LED21個&Bluetooth搭載の“スマート・ヨーヨー” | RBB TODAY

忘年会や新年会で一躍ヒーローに!? 高輝度LED21個&Bluetooth搭載の“スマート・ヨーヨー”

IT・デジタル モバイル

7-Magicを手にフォトセッションに応じる、Cerevoの岩佐琢磨社長(右)とヨーヨー世界チャンピオンのBLACK氏(左)
  • 7-Magicを手にフォトセッションに応じる、Cerevoの岩佐琢磨社長(右)とヨーヨー世界チャンピオンのBLACK氏(左)
  • 7-Magicは、合計21個の高輝度LEDと本体制御用のBluetoothを搭載したスマート・ヨーヨー
  • 7-Magicは、合計21個の高輝度LEDと本体制御用のBluetoothを搭載したスマート・ヨーヨー
  • IoT開発モジュール「BlueNinja」を手にするCerevoの岩佐琢磨社長
  • 「推定1,000万人のヨーヨー経験者に使ってもらえたら嬉しい」と話す、ヨーヨー世界チャンピオンのBLACK氏
 Cerevoは26日、Bluetooth搭載スマート・ヨーヨー「7-Magic」(セブン・マジック)を発表した。指定のタイミングでLEDを点灯させることで、映像や音楽に合わせてヨーヨーが光る派手なパフォーマンスが行える。26日に発売、11月上旬に出荷する見込み。直販サイトの価格は税別27,777円。

 7-Magicは、合計21個の高輝度LEDと本体制御用のBluetoothを搭載したスマート・ヨーヨー。「シルク・ドゥ・ソレイユ」出演経験を持つヨーヨー世界チャンピオン、BLACK氏と共同で開発した。7-MagicとBluetoothでペアリングしたPCから、発光する色(赤・青・緑)や輝度を設定、任意のタイミングで発光させることができる。また、映像や音声に合わせてあらかじめタイミングを設定しておくことも可能。最大輝度は1,100ルクスで、既存製品比で200倍の眩しいほどのLEDを光らせることができる。現在、スマートフォンアプリも開発中だという。

 製品の発売にともない、近日中にBLACK氏監修による7-Magicの初級者向け振り付けパフォーマンス映像が公開される予定。この振り付けに従えば、初級者でもインパクトのあるパフォーマンスを行なうことができるとのことだ。

 Cerevoでは、かねてから簡単に製品に組み込むことのできるIoT開発モジュール「BlueNinja」を開発していた。これを7-Magicに応用。発光回路とメカ部品を組み合わせ、制御ソフトを新規開発するのみで製品化することに成功した。Cerevo社長の岩佐琢磨氏によれば、企画から製品の発表まで6ヵ月という短期間で発売までこぎつけたという。

 どんな利用者が、どんなシチュエーションで使うことを想定しているのだろうか。BLACK氏は「97~98年に起こったハイパー・ヨーヨーのブームを経験した人は、推定で1,000万人ほどいる。そのときに身に着けた技をいま眠らせている、推定1,000万人のヨーヨー経験者に使ってもらえたらうれしい。忘年会や新年会で、余興やかくし芸に利用すれば、素人でも簡単にヒロインやヒーローになれる」とアピールしていた。

《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top