元フジテレビアナウンサー本田朋子、戦力外通告を受けた夫への思いを告白 | RBB TODAY

元フジテレビアナウンサー本田朋子、戦力外通告を受けた夫への思いを告白

エンタメ 映画・ドラマ

元フジテレビアナウンサー本田朋子、戦力外通告を受けた夫への思いを告白
  • 元フジテレビアナウンサー本田朋子、戦力外通告を受けた夫への思いを告白
 元フジテレビアナウンサーの本田朋子が「結婚したら人生激変!〇〇の妻たち」(TBS)の中で、バスケットボール選手の夫、五十嵐圭が今年5月に突然戦力外通告を受けたときの心境を告白した。

 所属していた「三菱電機ダイヤモンドドルフィンズ名古屋」で昨シーズン得点とアシストで過去最高の成績を残した五十嵐が突然の戦力外通告を受けたのは今年5月。本田は「急な話なんだけど…俺チームクビになった。」というメールが突然夫から送られてきたことを明かし、「退団を聞いた瞬間は『嘘でしょ?』っていう感じで。『もううちのチームにはいりません』って言われたようなことじゃないですか。プロ選手だったら仕方のないことなんですけど、ずっとそばで応援してた私にとっては自分が言われたような気持ちになっちゃって…」と当時の心境を涙ながらに告白した。

 その後、五十嵐は「新潟アルビレックスBB」からのオファーを受け入団し、本田も五十嵐とともに新潟へ移住した。本田は、「アスリートフードマイスター」の資格を取り、徹底的な食事管理をして新境地で戦う夫を支えている。五十嵐は「妻と結婚して一緒にくらすようになって大きな怪我もない。シーズン中自分の体調を上手く維持できてるところが怪我にも繋がってないのかなとすごく感じています」と語り、「ありがとうございます」と本田の食事の工夫に感謝した。

 Bリーグ初戦、五十嵐が活躍し新潟が逆転勝利すると「うるっときましたけど『いや、涙流すのはここじゃないな』って。優勝した瞬間とか大きな目標を達成した時にまたファンの皆さんと泣きたいですね」と嬉しそうに話し、「36歳でおじさんと言われる年頃で(試合に)30分以上出てるのは他のチームを見てもいないので、まだまだやれるっていうのを見せてもらいたい」と夫への思いを語った本田。和やかに笑うその表情の裏には、アスリートの妻としての覚悟が感じられた。
《築島 渉》

編集部のおすすめ記事

特集

page top