音声認識で来客対応!安価で小型の受付ロボット | RBB TODAY

音声認識で来客対応!安価で小型の受付ロボット

IT・デジタル セキュリティ

汎用性を必要としないため、市場規模も異なるPepperとは直接競合しない点も製品の特徴となっている。外観は従来の開発用ロボット形状だが、企業の受付で動作する点はインパクトがある(撮影:防犯システム取材班)
  • 汎用性を必要としないため、市場規模も異なるPepperとは直接競合しない点も製品の特徴となっている。外観は従来の開発用ロボット形状だが、企業の受付で動作する点はインパクトがある(撮影:防犯システム取材班)
  • 受付に設置されたロボットに人が近づくことで、自動的に来訪客と判断され案内が行われる。さまざまなゼスチャーや応答メッセージを登録でき、用件を話しかけると担当部署に接続を行う(撮影:防犯システム取材班)
  • 背面の接続など。来客の画像はLANケーブル経由でネットワーク上のストレージに自動保存される。映像から顔認証を行うシステムの構築などを行うことも可能となっている(撮影:防犯システム取材班)
 ロボットが社会に浸透すると会社の受付や警備業務もロボットが行うようになる、そんな近未来予想は、かつては来るべき未来の象徴的な出来事として子供向け絵本などでも多く語られていた。

 そてから時代も進み、近年ではPepperなどの登場により、受付業務を行うロボットも一般的になりつつある。

 そんな昨今のロボット事情の中、10月21日まで東京ビッグサイトで開催されていた「Japan Robot Week2016」では、企業のエントランスに設置する安価な受付ロボットをピーシーキッドが出展していたので紹介していこう。

 同社の受付ロボット「PK-II」は、企業のエントランスに設置し、来客時には音声認識から適切な案内をこなしつつ、来客の撮影などを同時に行う機能を備えている。

 「PK-II」自体は事前に入力されたテキストを読み上げて対応する形となり、部署名などを音声認識するとIP電話で該当部署を呼び出す。

 内蔵したカメラとマイクは、インターホン的な使い方もでき、来客の画像を自動でストレージに保管することも可能だ。搭載しているカメラは「防犯補助機能」と位置付けられており、24時間連続して侵入者を検知するという性質ではないが、企業の受付に近づく人物をセンサーで自動検知して、タイムスタンプとともにネットワーク上に保管するといった運用方法ができる。

 カメラは頭部に設置されており、メッセージの内容などに合わせて腕などが可動する。スピーカーやセンサー類は本体下部に収納されており、接続は有線LANケーブルで行われる。

 一見するとアニメに登場するスーパーロボットを思い起こさせる外観デザインは、この製品の独自仕様というわけではなく、スイッチサイエンスの「Rapiro」を使用したものとなっている。

 同社は企業向けにレンタル形式での展開を開始しており、保守も含めた利用料金は初期導入費10万円、月額3万円程度となっている。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top