金利4億もカープが勝つなら「痛くない」?! 注目集めるもみじ銀行の「カープV預金」 | RBB TODAY

金利4億もカープが勝つなら「痛くない」?! 注目集めるもみじ銀行の「カープV預金」

ビジネス 企業

金利4億もカープが勝つなら「痛くない」?! 注目集めるもみじ銀行の「カープV預金」
  • 金利4億もカープが勝つなら「痛くない」?! 注目集めるもみじ銀行の「カープV預金」
  • 金利4億もカープが勝つなら「痛くない」?! 注目集めるもみじ銀行の「カープV預金」
  • 金利4億もカープが勝つなら「痛くない」?! 注目集めるもみじ銀行の「カープV預金」
  • 金利4億もカープが勝つなら「痛くない」?! 注目集めるもみじ銀行の「カープV預金」
 広島東洋カープ25年ぶりの優勝に向け、今か今かとカウントダウンが始まっている広島だが、その中でもとりわけワクワクしているのが、もみじ銀行(広島市)の「カープV預金」に預金したカープファンたちだろう。

 金利年0・025%の1年物の定期預金で、広島がリーグ優勝すれば0・2%を上乗せし0・225%になるこの定期預金が始まったのは今から22年前。「広島カープが優勝したのを見たことがない」若者同様、金利が上乗せされるのを経験したことがない定期預金なのだ。

 3月から6月末日までの申込期間だったが、広報担当者によれば、預金者が増え始めたのは6月半ばにカープが成し遂げた32年ぶりの11連勝あたりからだった。

 「実は通常より預入れのペースは遅かったんです。それが、この辺からもしかしたら2位とかあるかもしれないね、と預け入れのお客様が増えだして。」

 実はカープファンの間では「カープ強いのは鯉の季節(5月)まで」というのは定説。愛するカープを応援するも、マエケンこと前田健太のMLB移籍後のシーズン。カープ命の広島県民も意気消沈したのか、預金額はなかなか伸びなかった。ところが、鯉の季節を過ぎても今期のカープは強かった!

 11連勝を成し遂げると、徐々に預金者は増え始め窓口には「カープ、いけるんじゃないか?とお互いに声をかけながら、他の銀行様の封筒を持って列に並ばれるお客様の姿が目立つように」なったのだという。

 勢いのとまらないカープとともに「カープV預金」の預金額も最後の数日で倍増、最終的に1981億円というケタ違いの預金額となった。

「2005年から2012年の、カープが弱かった時代は、V預金も低迷していたんですが・・。」と語る広報担当者も、今年のカープ、そして「カープV預金」のフィーバーぶりが嬉しくて仕方がない様子だ。

 このまま優勝すれば4億近い金利を上乗せすることになるが、広報担当者は「強いカープのおかげで、新しいお客様が獲得できたのですから、全然痛くありません!」ときっぱり。「若い人が元気よく溌剌と活躍してくれているのが、今のカープです。来年も、期待しています!」と確実な優勝を目前に、早くも来年の話も飛び出した。

 県内のいたるところでユニフォームを着たカープ男子・女子たちが優勝を待ちわびている今日8日の広島。広島県民の狂喜乱舞ぶりが報道されるのももうまもなくだ。
《築島 渉》

関連ニュース

特集

page top