NTTレゾナント「gooスマホ」、第6弾は7,800円!SIMセットは2年目以降の増額なし | RBB TODAY

NTTレゾナント「gooスマホ」、第6弾は7,800円!SIMセットは2年目以降の増額なし

IT・デジタル モバイル

g06を発表する鈴木氏
  • g06を発表する鈴木氏
  • g06
  • NTTレゾナント ポータルサービス部門長 鈴木基久氏
  • 7800円。分割する必要のない価格は縛りからも解放される
  • 分割払いとしてもSIM料金が途中で挙がることはない
  • g06
  • カラーバリエーション
  • 小型、シンプルな格安スマホは意外と少ない
 NTTレゾナントは6日、同社が提供するgooスマホの新モデルとして「g06(グーマルロク)」を13時より予約受付を開始すると発表した。最大の特徴は、LTE対応スマホとしては発表時点で最安値となる7,800円(税抜)という本体価格だ。

 端末はクロスリンクマーケティング製の4インチ画面。重さ129グラムと小型軽量モデルだ。Android 6.0搭載。SIMは「OCNモバイルONE」のセットで購入すれば、メーカー希望価格9,800円(税抜き)の本体が7,800円で申し込むことができる。申し込みは「gooSimseller」からオンラインで、6日13時から受付を開始している。出荷は順次開始され、最短で約1週間後には手元に届くという。家電量販店でも9月中旬から取り扱いが開始されるが、gooSimsellerからの申し込み、先着906名には価格の20%をgooポイントで還元するキャンペーンも行う。1560ポイントが還元され、実質6,240円でg06が購入できる。

 OCNモバイルONEとのセットで24回払いとした場合は、月々1,980円で音声通話対応スマホを手に入れることができる。NTTレゾナント ポータルサービス部門長 鈴木基久氏によれば、「他社プランはもっと安いものがあるが、それらは2年目からは増額されることがある。g06のプランは2年目以降も1,980円で据え置かれる」と他社プランとのトータルでの割安感を強調した。

 同社がg06で狙うターゲットは、フューチャーフォンを使っていて、価格面などからまだスマホに乗り換えていない層、通話もデータもヘビーユーザーではなく価格とシンプル差を優先させたい層(鈴木氏)という。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top