LINEのMVNO参入、市場に与えるインパクトは?iPhoneでも使える?修理対応は? | RBB TODAY

LINEのMVNO参入、市場に与えるインパクトは?iPhoneでも使える?修理対応は?

IT・デジタル モバイル

LINE 取締役 CSMOの舛田淳氏(左)、LINEモバイル 代表取締役社長の嘉戸彩乃氏(右)
  • LINE 取締役 CSMOの舛田淳氏(左)、LINEモバイル 代表取締役社長の嘉戸彩乃氏(右)
  • LINEモバイルでは「年齢認証」「ID検索」に対応している
  • 家族や知人にデータをプレゼントする機能を実装。つながりを活かしたサービスは今後とも追加されていく見込み
 LINEモバイルが10月1日から本格的にスタートする。記者説明会の終了後、LINE 取締役 CSMOの舛田淳氏、LINEモバイル 代表取締役社長の嘉戸彩乃氏が囲み取材に応じた。

■市場に与えるインパクトは?iPhoneでも使える?

--- ローンチのタイミングでLINE MUSICもカウントフリーの対象になっていれば、よりインパクトが強かったのではないか。

嘉戸氏「LINEフリー、コミュニケーションフリーと、まずはユーザーが最も無料化を望んでいたサービスをフリーにした。LINE MUSICについても鋭意準備中」

--- LINEモバイルでは、従来の格安SIMサービスでは対応していなかった「年齢認証」「ID検索」に対応している。これについては、他のMVNOでもニーズがある。他社サービスでも使えるようにしていく考えは?

嘉戸氏「本人確認のため、契約者と利用者は明確に区別しなくてはならない。契約者が親御様、利用者がお子様という場合、通常のMVNOでは年齢認証が親御様の年齢で出てしまう。LINEでは未成年保護の考えから、契約者と利用者の違いを明確にしたい」

舛田氏「他のMVNO事業者からご要望があることは認識している。ただデータベースの問題や、法人利用の場合はどうするといった課題も残されている。LINEモバイルは、いま始めたばかりのサービス。ひとつひとつクリアしていく」

--- LINEモバイルがMVNOに参入することの市場へのインパクトは?

嘉戸氏「それなりに高いのではないか。MVNO、という言葉はまだ一般の消費者にはなじみがない。身近なLINEがサービスに参入することで、認知度が上がるのではないか」

--- LINEモバイルのスタートは、LINEにとってどういう位置付け?

舛田氏「スマートフォンユーザーを増やせる。スマートフォンユーザーが増えれば、私たちにできることも増えていき、間接的ではあるがLINEの事業にも好影響が出る。もちろん、子会社のLINEモバイルに利益が出ればLINEにとっても直接のプラスになる」

--- iPhoneでも使えるか。iPhoneとのセット販売の可能性は。

嘉戸氏「SIMフリーのiPhoneなら今日からでも使える。セット販売については、アップル様次第」

--- 故障時など、修理に対応する予定は?

嘉戸氏「修理の対応に関してはスマートフォンが壊れているのか、SIMの問題なのか、切り分けが難しい。まずはカスタマーセンターにお問い合わせいただいて、問題を切りわけてからの対応になる」

--- ガラケーしか使っておらず、パソコンも使えないシニア層がLINEモバイルを使いたいとき、どうすれば良い?

舛田氏「我々としても知恵を絞らなくてはいけない。ひとつ考えられるのは、今後は家族経由でお使いになられるケースが増えていくのではないかということ。LINEも、まずは娘さんが使い、次にご家族が使いはじめるといったプロセスがあった。新しいサービスは、そういったつながり方がある」

--- 家族向けプランの提供は?

舛田氏「データプレゼントの機能などはある。つながりを活かしたサービスは今後とも検討していきたい」
《近藤謙太郎》

関連ニュース

特集

page top