ついに格安SIMサービス「LINEモバイル」受付開始! LINE使い放題で月500円~ | RBB TODAY

ついに格安SIMサービス「LINEモバイル」受付開始! LINE使い放題で月500円~

IT・デジタル モバイル

ついに格安SIMサービス「LINEモバイル」受付開始! LINE使い放題で月500円~
  • ついに格安SIMサービス「LINEモバイル」受付開始! LINE使い放題で月500円~
  • LINEがMVNOに参入、格安SIMサービス「LINEモバイル」を開始する
  • 記者説明会に登壇したLINE 取締役 CSMOの舛田淳氏
  • LINEモバイル 代表取締役社長の嘉戸彩乃氏
  • LINEモバイルの利用イメージ
  • ライトユーザー向けの「LINEフリー」
  • 一般ユーザーからヘビーユーザーまでを利用者に想定した「コミュニケーションフリー」
  • トークを通じてデータ残量の確認や問い合わせが行える
 LINEが、いよいよ格安SIMサービス「LINEモバイル」を開始する。月額500円からのプランを提供、“LINEで費やすパケット通信費がノーカウントになる”といった競合他社では実現できなかったサービスを展開していく。LINEモバイル公式サイトでは5日より、2万契約限定の先行販売が開始した。LINEモバイルは10月1日に本格スタートする。

 LINEでは今年の3月に開催した「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」においてLINEモバイルの概要を発表した際、“今夏を目処にサービスを開始する”としていた。晩夏とはなったが、満を持してこの日の発表にこぎつけた形だ。すでにさまざまなMVNO(仮想移動体通信事業者)が展開するなか、最後発のLINEモバイルはどのようなサービス内容で、どこまでシェアを獲得できるのだろうか。

 記者説明会に登壇したLINE 取締役 CSMOの舛田淳氏は、その冒頭「LINEでは人と人、人とサービス、人とコンテンツの距離を近づけていく。LINEを入り口として、1日の生活のすべてを支援していく世界、“スマートポータル構想”を掲げている」とブランド戦略を説明。そしてLINEモバイルの提供により、その実現に向けて大きく前進できると期待を寄せる。

 ある調査機関によれば、2015年の時点で日本国内のスマートフォン普及率は56.9%だという。つまり日本の消費者の半分が、まだスマホを使っていないことになる。これについて舛田氏は「先進国でも低い数字。そこには消費者の不満があるからではないか」との見方を示す。そして“消費者の不満”について、料金やプラン内容がニーズにマッチしていない、画一的なサービスのために人によっては過剰あるいは不足という印象を与えている、といった理由を挙げた。スマホの普及率を上げることが、LINEの利用率を上げることにつながる。LINEモバイルを開始する狙いもそこにある。では具体的には、どのようなサービス展開を考えているのだろうか。

■サービスの詳細

 続いて登壇したLINEモバイル 代表取締役社長の嘉戸彩乃氏がサービスの詳細を説明した。同社はLINEの100%子会社。LINEモバイルの特徴は、LINEの使い放題、ドコモ回線の利用による安定した通信品質の維持、月額500円(税抜、以下同)から利用できるLINE使い放題プランの提供、LINE Payでの支払いに対応、月額使用料の1%がLINEポイントとして貯まる、といったもの。LINEの使い放題とは、LINEの音声通話、トーク、画像や動画の送受信、タイムラインの利用時に消費するパケットをカウントフリーにすることを意味している。これは全プランで対応する。
《近藤謙太郎》

特集

page top