Xperiaに「Z」が戻ってきた!ソニーが新型スマホ「Xperia XZ」発表……4.6インチ「Xperia X Compact」も登場【IFA 2016】 | RBB TODAY

Xperiaに「Z」が戻ってきた!ソニーが新型スマホ「Xperia XZ」発表……4.6インチ「Xperia X Compact」も登場【IFA 2016】

IT・デジタル モバイル

メタルボディの新しいフラグシップモデル「Xperia XZ」
  • メタルボディの新しいフラグシップモデル「Xperia XZ」
  • カラバリは全3色展開
  • Xperia Xシリーズのコンパクトモデル「Xperia X Compact」
 ソニーモバイルは現地時間1日、「IFA 2016」(ドイツ・ベルリン)の会場で新しいXperiaシリーズのフラグシップスマホ「Xperia XZ」を発表した。同日発表の新製品4.6インチのコンパクトモデル「Xperia X Compact」とともに、秋以降の全世界展開が予定されているという。

■春にデビューした「Xperia X」にファミリー追加

 ソニーモバイルは2月に開催された「MWC 2016」(スペイン・バルセロナ)で新しいXperia Xシリーズを発表。ソニーのテクノロジーを詰め込んだフラグシップのZシリーズを直近の「Z5」で完了することも明らかにしていたが、今回は意外に短いインターバルで現行最上位のXperia X Performanceの上位に加わるフラグシップを発表した格好だ。Xperia XZは10月、Xperia X Compactは9月からの市場投入が見込まれる。日本での展開に関する具体的なアナウンスはまだIFAの時点ではなかった。

【動画レポ】「Xperia XZ」「Xperia X Compact」はこんな感じ!

 両モデルともに、プラットフォームはAndroid 6.0を採用。本体のデザインがXperia Zシリーズ、Xperia X Performanceとも一味違うテイストに変更されている。サイドフレームに曲線を活かした「ループ・サーフェス」デザインとしながら、4隅コーナーはXperia X Performanceよりも鋭角に仕上げた。バックパネルとフロントベゼルのカラー、壁紙まで統一したシームレスなルックス。側面電源ボタンには指紋センサーを内蔵する。

 Xperia XZは高輝度でシャイニーな仕上げが特徴。神戸製鋼が独自に開発したメタル素材である「ALKALEIDO(アルカレイド)」を採用。バックパネルはサイドに切り込みを入れてアンテナの感度を確保した。キーカラーである“フォレストブルー”のほか、“ミネラルブラック”と“プラチナ”の3色展開。

 Xperia X Compactはプラスチック製のプレートの上に特殊塗装を多層重ねして陶器のような質感を持たせた。カラーバリエーションはこちらも3色で、ユニバースブラック/ホワイト/ミストブルー。

■カメラ機能を強化した5.2インチの「Xperia XZ」

 フラグシップのXperia XZは約5.2インチのフルHD/1080pディスプレイを搭載。プロセッサーにはクアッドコアの64bit対応SoCのSnapdragon 820を搭載。対応周波数帯は公表されていないが、LTEの通信規格はCat.9の高速対応。メインメモリーは3GB、ストレージは最大64GB。

 大きく強化されたポイントはカメラ機能だ。ソニーが誇る最先端技術を活かした「トリプルイメージセンシング技術」により、自動フォーカス精度が高められている。

 メインカメラには23MPのExmor RSイメージセンサーを搭載。強化されたオートフォーカス機能は、従来のコントラストAFと位相差AFをハイブリッドに用いるオートフォーカスに、Xperia X Performanceからは被写体の動きを予測して合焦する「先読みAF」を加えた。今回はそのAFシステムをベースとして、さらに新しいセンサーを追加。レーザー光源によるフォーカスセンサーは暗所でのフォーカス合わせを容易にする。もう一つのRGB-IRセンサーでは、被写体の色情報を正確に検知するので、あらゆる光源環境で撮影してもシャープでフォーカス感が鮮明な写真が撮れるという。
《山本 敦》

関連ニュース

特集

page top