画像認識の物流活用……NECの画像・重量検品ソリューション | RBB TODAY

画像認識の物流活用……NECの画像・重量検品ソリューション

IT・デジタル その他

キャラクター製品は類似点も多く、目視確認での検品業務は効率が悪い。画像認識と重量計測により、正誤一致を瞬間で行うことが可能になる(画像はプレスリリースより)
  • キャラクター製品は類似点も多く、目視確認での検品業務は効率が悪い。画像認識と重量計測により、正誤一致を瞬間で行うことが可能になる(画像はプレスリリースより)
  • 今回の検品対象商品例。導入先の第一弾となる「キャラアニ.com」は、KADOKAWAグループのキャラクターグッズ専門ショップだ(画像はプレスリリースより)
 NECは、KADOKAWAグループの物流会社「ビルディング・ブックセンター」から、画像認識技術を活用して複数商品の自動一括検品を行う「画像・重量検品ソリューション」を受注し、年内の稼働を予定していることを発表した。

 「画像・重量検品ソリューション」は画像認識技術と重量計で構成されており、商品の品目と数量を瞬時に特定して検品を行うことを可能するソリューション。キャラクターグッズの出荷検品を行う物流ラインに導入することで、バーコードや目視確認をせずに正誤確認ができるため、出荷・検品業務の効率化と品質確保を同時に実現できるとのこと。

 ビルディング・ブックセンターでは導入第一弾として、商品点数と出荷量が多いキャラクターグッズの専門オンラインショップ「キャラアニ.com」の検品作業に本システムを導入する。まずは商品出荷・検品を行う2つの物流ラインに導入することで、約30%程度の業務効率化が見込まれている。

 NECは今後、同ソリューションの技術を検品以外の他ラインや他業務での利用拡大なども検討していくとのこと。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top