精度98%の人数カウントを実現するステレオネットワークカメラ | RBB TODAY

精度98%の人数カウントを実現するステレオネットワークカメラ

IT・デジタル その他

カメラ映像からの解析による店舗の来店者数カウント、来店者の動向や店内の導線把握などは有力なマーケティング施策となる(画像はプレスリリースより)
  • カメラ映像からの解析による店舗の来店者数カウント、来店者の動向や店内の導線把握などは有力なマーケティング施策となる(画像はプレスリリースより)
  • ステレオネットワークカメラ「SC8131」。上部から見下ろす形で設置することで、対象者の身長や移動履歴などが確認できる(画像はプレスリリースより)
 VIVOTEKは23日、店舗オペレーションを最適化するステレオネットワークカメラ「SC8131」を発売開始した。

 「SC8131」は、店舗における正確な来店者数カウントなどを可能とするデュアルレンズのステレオカメラ。3D深度テクノロジーにより、単独とグループ、大人と子供を区別し、カートやベビーカーを除外するなど、98%のカウント精度のトラフィック分析を実現している。

 店舗業務の効率化として、同社の中央管理ソフトウェア「VAST」と結合でき、リアルタイムのデータ分析やレポートなどを提供可能。すでにアジア、中南米のショッピングセンターでは、Wavestore社のVideo Management Software(VMS)と統合された環境として導入も行われているとのこと。

>>Amazonギフト券10,000円分が当たる!「ホームセキュリティアワード」投票受付中<<
《防犯システム取材班/小池明》

関連ニュース

特集

page top